Web広告必須のスキル〜データ分析の考え方

Webマーケティング
スポンサーリンク

こんにちは。そら(@sora0free0)です。

web広告の仕事でデータ分析することが多く、頭を整理することを含め、データ分析で習ったことや勉強したことを書いていきます。

スポンサーリンク

そもそも分析ってなんだろう?

よく言われる「分析」とは一体なんでしょうか。

意思決定に関わる論点に答えを出すために、散らばっている定量・定性データ群を集め、適切な切り口で分解・比較し、最も刺さるメッセージへと昇華させ、相手を納得、行動をさせることを言います。

行動の伴わない分析ほど、無駄な時間はないとよく言われています。

そのために、物事を整理して、関連性を考えて、ストーリーに仕立てる。

このことが好きになれば統計や数学の知識など無くても、突き刺さる分析はできます。

データ分析の流れは基本的に以下のような流れになっていくと思われます。

f:id:livefree00:20190611230255p:plain

例)上司からこんなこと言われます

上司:前月から今月で、案件Aの売上が上がった理由を分析しておいて

分析をしておいてと言われたおそらくほとんどの人はこうなるのではないでしょうか 

部下:承知致しました。分析します。(とはいえ………..なにからはじめればいいかな)

依頼された手前やりません。なんていえませんよね。

ここで大事なことがシンプルに定義化することが大事になってきます。

 依頼されたことに対して分析を定義する

  1. why?  なぜその分析が必要なのか。
  2. what?  何を相手に伝えなければいけないのか。
  3. Were?  どんな場で必要とされているのか。
  4. How?  どのように相手に伝えるべきなのか。
  5. When?  いつ必要とされているのか。
  6. Who?  主に誰が分析を受け取るのか。
  7. Why-When?  そもそも、その分析はどのようにアクションを生み出すのか

 こちらを踏まえて先ほど上司から言われた内容を整理してみましょう。

  1. why?  売上が伸びている背景を役員に報告する必要がある。
  2. what? 実際の売上の伸び率や売上内容の内訳、売上にひも付きそうな行動
  3. Were?  定例報告会
  4. How?  1分間でも伝わりやすく、簡単な内容
  5. When?  来週水曜日まで
  6. Who?  定例報告会に出席する各部署のリーダー
  7. Why-When? 売上が上がっている案件がさらに次月伸びる続けるのか、各リーダー人に確認する

上司:前月から今月で、案件Aの売上が上がった理由を分析しておいて

部下:承知致しました。早急に対応いたしますが、いつまでにデータは必要でしょうか。また、どのような場で必要になりますか?

上司 :来週水曜日に週次報告会があるんだよね。その場で課題に挙げたいんだ。

部下:なるほど。そうなんですね。売上が伸びている案件をさらに来月以降も伸ばしていけるかどうか、各課での共有といったところですかね。

上司:そうそう。そんな感じ

部下:了解です。それでは前月から伸びた傾向と来月以降もさらに伸ばせそうな案件を見込み金額合算で纏めておきますね。余裕を持ちたいので一旦、資料のたたきを提出させて頂きます。

問題を分解して、現状を正しく知ることが大事

今回のケースでは売上の傾向を依頼されて、来月以降も売上を伸ばすことができるかどうかをデータを分析して判断してみようといった場合でした。

場合によっては分析を依頼された事実が真実ではないこともある可能性があり、極力自分自身の目で確認を入れることが大事になってきます。

上司の行ったことは絶対をは思わず、疑うことも必要になってくるかと思います。

TechAcademy

最短4週間で未経験からプロを育てるオンライン完結のスクール。プログラミング、デザイン、マネジメントなどITに関する幅広いサービスをおこなってい企業です。さらに、転職支援サポートも高く評判の老舗企業です。

マケキャンbyDMM.com

転職保障付きと98%の転職成功実績!
転職成功率98%のDMM WEB CAMP で磨き上げた転職キャリアサポートの知見をふんだんに活かし、will/can/must面談、面接対策、書類添削、キャリアカウンセリングなど、転職するための手厚いサポート体制を用意しております。

デジプロ

実践的な広告運用を高いレベルで学んでいけることです。Google広告をはじめ管理画面の使い方やweb広告の基礎中の基礎から学びます。

そして、実案件の広告を運用して改善を繰り返す超実践的な内容まで、幅広く網羅しています。

WANNABE Academy(ワナビーアカデミー)

実務特化型のカリキュラムWebマーケティング学習に重要なのは『実務経験』です。

受講期間中にはシミュレーションではなく、実際にGoogleアナリティクスの分析レポート作成、Google広告やFacebook広告の運用を実践する体験学習をしていただきます。

受講後に提携クライアントを担当し、課題の発見と改善プランを提示する実務研修に参加することも可能です。

SHElikes(シーライクス)

女性限定に特化した全20コースもあるオンライン学習スクールです。

Webマーケティング・Webデザイン・Webライディング」パソコン1台で働けるクリエイティブスキルを幅広く学びます。

この記事を書いた人
そら

趣味でブログ書いています。
アドテク事業会社で5年間広告営業と運用を経験。
ブログで「Web広告関連×旅行やスキルアップ」を発信しています。
じゃがりこが好きです。

そらをフォローする
Webマーケティング
スポンサーリンク
そらいろブログ

コメント