出雲大社参拝と周辺観光〜④弾丸島根旅行〜

国内旅行
スポンサーリンク

こんにちは。そら(@sora0free0)です。

先日、島根県にある出雲大社へ1泊2日の弾丸旅行に行ってきました。

出雲大社へ旅行を考えている方。

なかなか行けないけど雰囲気だけ味わいたい方など参考になれば嬉しいです。

国発着最大当日3時間以内までお申込み可能!国内航空券の最安値販売はエアトリ

全5回に分けて島根旅行についてブログを書いています。

今回の旅行のルートは以下になります。

東京羽田→出雲空港→松江城→出雲大社→出雲空港→東京羽田

出雲大社前駅からいにしえの宿桂雲へ行き旅の疲れを癒しました。

まだ、他の記事を読んでいない方がいましたら合わせて読んで頂ければ嬉しいです。

出雲大社参拝と周辺観光

出雲大社参拝と周辺観光

ツアーに予約したので専門の方と一緒に出雲大社へ向かいます。

このおっちゃんがめちゃくちゃ出雲大社について教えてくれました。

ちょっとお高めですが予約しないと入れないとこに連れて行ってくれます。

一人3,000円のツアーです。

予約したい方こちらのリンクから確認してみてください。

出雲大社「八足門」内特別参拝プラン|共立リゾート

出雲大社参拝と周辺観光
神門通り

宇迦橋の大鳥居が見えます。

この神門通りが出雲で一番栄えているエリアです。

朝早かったので観光客は、ほとんどいません。

お昼頃になると賑やかになってきました。

出雲大社参拝と周辺観光
出雲大社鳥居

こちらが有名な出雲大社の鳥居です。

目の当たりすると感動しました。

なんだか神秘的な気持ちになりパワーを感じます。

すぐに入ると出雲大社があるのかと思ったのですが、たどり着くまで長い。

観光客が全然いないので、なんだか得した気分です。

出雲大社参拝と周辺観光
出雲大社橋

googleマップで調べると6分程かかるそうです。

拝殿までの道のりは長いですが、その間に色々な観光スポットがありました。

4月なると桜並木になりとても美しく写真スポットの一つになるそうです。

今回訪れた時は、3月初旬でしたので桜はまだ咲いていませんでした。

4月に行く方はぜひ桜を堪能してみてください。

出雲大社参拝と周辺観光
桜道

桜は咲いていないですけどご参考に。

そして、松の道を歩いていると、鳥居が見えてきます。

ガイドさんによるとここをスルーして進む人が多いらしいです。

しっかりここの鳥居にもお辞儀してから入って行きましょう。

勢溜の鳥居

因みに出雲大社には鳥居が4つあります。

宇迦橋の大鳥居(駅から来る人はスルーする人が多い)

勢溜の鳥居(撮影スポットになるところ)

松の参道の鳥居(松の木に挟まられているので気づかずスルーする人が多い)

拝殿前の鳥居(これは気づく)

不思議なことに出雲大社には4つも鳥居が一直線に並んでいるのです。

しっかり一礼してから進んで行きましょう。

歩いて行くと左手にだいこく様が見えてきました。

だいこく様
上皇后美智子様の俳句

上皇后美智子様が読んだ俳句だそうです。

【国譲(ゆづ)り祀(まつ)られましし大神の奇しき御業(みわざ)を偲びて止まず】

と石碑に掘られていました。

だいこく様の素晴らしい御業績を感謝する句のようです。

手水舎

コロナウイルスの影響で柄杓(ひしゃく)がありませんでした。

さっと、手だけ洗いましょう〜。

拝殿前の鳥居前

ここのポジションがちょうど一直線になっているそうです。

写真撮影にはベストなポジションとのことです。

観光客があまりいなかったので独占できました。

ぜひ、訪れた際はここで写真を撮ってみてください。

出雲大社のおすすめスポット

出雲大社のおすすめスポット
出雲大社
出雲大社のおすすめスポット
出雲大社

ガイドさんによると出雲大社内ではここが一番の写真スポットの事です。

拝殿内には基本入ることができませんので、ここから写真を取れば全体を写すことができます。

あと、山が見えると思うのですが、左の山が亀の頭で右の山が亀の甲羅のように見えるとガイドさんが教えてくれました。不思議ですよね。

出雲大社

拝殿前の御賽銭入れはここで行います。

ツアーで予約をした観光客は神主さんに連れられて中に入ることができますが、一般人は入ることはできません。

私たちは予約していたので入ることができました。

八足門内で写真を撮りたかったのですが、写真はNGでダメでした。

すみません。

すごく神秘的で何百年も守ってきた場所なのだな〜と思い、すごくパワーを貰ったような気がしました。

大きい〜〜〜〜〜〜。これ落ちてきたらやばいね。こわっ。

出雲大社神楽殿の「大しめ縄」を発見しました。

その大きさは日本最大級で全長13.5メートル、重量4.5トンに及びます。

出雲大社本殿の檜皮葺は長さ121cmの皮を9mmずつずらして葺いています。

本殿の屋根を取ることができなかったので端っこで写真を撮りました。

一枚一枚檜皮葺を重ねているのがみて取れると思います。

この地道な作業をやっていることに感動しました。

出雲大社拝殿裏の隠れスポット素鵞社(そがのやしろ)

出雲大社拝殿裏の隠れスポット素鵞社(そがのやしろ)
素鵞社(そがのやしろ)

御本殿北側に、出雲大社の境内でも最大のパワースポットがあります。それが素鵞社(そがのやしろ)です!

この素鵞社では有名なお砂をいただくことができるのですが、

最近どういう訳か全国的に有名となっているようで、多くの方が参拝されています。

時には行列になっていて参拝できないこともあるそうです。

大阪から来たであろう観光客の方が甲子園の土みたいに袋詰めてもってかえるのか?って言ってました。

私たちは小袋があったので少しだけもらいました。

パワーストーン

素鵞社(そがのやしろ)の裏に大きな岩がありました。

こちらに手を当てれ不思議な力を分けてもらえるそうです。

早速、手を当て力を分けてもらいました。

素鵞社の正面

素鵞社(そがのやしろ)の正面には可愛いうさぎが並んで社を見上げています。

思わず拝む妻をパシャり。

正面から見るとこんな感じです。

可愛い〜〜〜。

出雲大社内にはこのようなうさぎの銅像が立っています。

一つ一つ表情や仕草が違うのでお気に入りのうさぎを見つけるといいかも?

出雲大社でのおすすめ参拝場所

出雲大社でのおすすめ参拝場所

出雲大社にはいくつか参拝する場所があるのですが、こちら場所は必ず行っておきましょう。

ちょっと小さな場所になりますが、ガイドさんの話によるとだいこく様はこちら側を向いてお座りになられているそうです。

諸説ある中で、この女性達の後ろ側が海だからという説があるそうです。

その為、だいこく様としっかり顔を合わせて参拝したい方はこちらでお参りしましょう。

出雲大社でのおすすめ参拝場所

参拝場所の地図

出雲大社拝礼方法は二拝四拍手

出雲大社拝礼方法は二拝四拍手
拝礼方法

基本的に二拝二拍手なのですが、出雲大社で違います。

出雲大社拝礼方法は二拝四拍手です。

「一拝・祈念・二拝・四拍手・一拝」となります。

初めはだいこく様との出会いに感謝を込めて挨拶とお礼をいいましょう。

まずは体を90度に曲げた深いお辞儀をし、もう一度深くお辞儀をしてから祈念します。

そして、さらに2回、深くお辞儀をしてから拍手を4回行い、最後に深くお辞儀をするという流れになります。

おまけの写真

出雲大社を一通り回ったので神門通りを散策しながら、お昼ご飯を食べることにしました。

次回は神門通りを散策した内容をご紹介します。

このブログが気に入ってくれたらシェアして頂ければ嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました