SEO初心者がSEO対策を実践から効果検証まで試しました

Webマーケティング
スポンサーリンク

SEOについて全くわかりません。

こんにちは!そら(@sora0free0)です。

不動産会社で働いた時、SEOについて全く知らないど素人が独学でSEO対策を行った結果、どこまでやることができたのかお伝えします。

私は、不動産会社へ入社し会社のホームページを任せてもらう機会がありました。

私は営業しか基本してこなかったのでWebの知識は全くありませんでした。独学でかなり辛かったのですが、今でもSEO対策の基本的な考え方は変わっていないのでやっていてよかったなと思います。

SEO対策としてやってきた大まかな流れを紹介させて頂ければ幸いです。

\本記事の内容について/
  • SEOの基礎についてわかるようになります
  • SEO対策の考え方が身につきます
  • SEO対策に必要なツールを紹介します

 

はじめてSEO対策を行うための流れを理解する

はじめてSEO対策を行うための流れを理解する

SEO対策とはGoogle、Yahoo!などの検索エンジンからの集客を増やす施策「SEO(Search Engine Optimization)検索エンジン最適化」になります。

ここではSEOの考え方と施策の流れをご紹介していきます。

Googleの検索エンジンは次のようなロジックを持っています。

  1. ネットを閲覧しているユーザーが検索する言葉を理解している
  2. 世界中のwebページの情報を集める
  3. 集めた情報や理解した内容に対して、最適な検索結果を表示する

Googleは現在、数え切れないほどのwebページの情報をもっており、その情報を元にリンクを辿り、ページ情報の追加と更新を行っています。(クローリングと言います)

何億何兆もあるページを管理するだけでも想像を絶するものがあります。

そして、検索ユーザーが検索エンジンに入力した言葉の意味を理解し、内容や意図をくみとり、数ある中の情報から最適な検索結果を作り上げます。

記事の内容をGoogleの検索エンジンに理解してもらう

内容をGoogleの検索エンジンに理解してもらうことが非常に大事になります。

運営しているwebサイトの1ページはGoogleにとっては数兆あるうちの1ページにすぎません。

検索エンジンに理解してもらうようにページソース内部の改善を行いwebページを作成していくことが大切です。

せっかく書いたブログなど検索結果に出てこなければブログを更新した意味がありませんよね。

ただ、読み取ってくれない場合はGoogle Search ConsoleにURLを送信すれば読み取ってくれます。

毎回やると面倒になってきますので、サイトマップを作成し他のwebページからの導線を作ることで、Googleの認識が早くなります。

Google Search Console

ここで「/sitemap.xml」を語尾に追加し送信します。

SEO内部対策とSEO外部対策について

SEO対策は2つのパターンに分けることができます。

1つが、検索エンジンにwebページを理解してもらえるようにするためのSEO内部対策です。

SEO内部対策は「タイトル、メタタグ、パンくず、内部リンク」やキーワード選定などwebページごとに行う方法があります。適宜コンテンツの追加や内部リンクの調整まで多様に方法が挙げられます。

ご自身が運営しているwebサイトの特徴や大きさに合わせて行う必要があります。

前述しましたがGoogle Search Consoleが心強い味方になります。

webサイトで発見されたエラーや重要なHTMLの改善点、インデックス状況、検索キーワードなど知ることができます。

内部の改善を行うに当たって必要なデータを揃えることができます。

ブログ運用を行う上では必ずGoogle Search Consoleを上手く活用できるようにしていきましょう。

2つ目は施策が他のwebサイトからリンクを集めることを目的とした SEO外部対策です。

外部対策については業者やセミナーで「リンクが集まるような良質なコンテンツ作ってください」とよく言われます。

SEO外部対策は被リンクを集めることがとても大切です。被リンクとは自分が運営されているサイトのリンクを別のサイトにリンクしてもらうことになります。良質なページからのリンクが多いとGoogleはサイトの価値が高いと判断し検索上位になりやすくなります。

被リンクを集めるために試しましたが、実際に周りから非常によいと言われるコンテンツを作成したところで、すぐにリンクが集まるというわけではありませんでした。

被リンクを集めるためのSEO外部対策は以下の方法になります。

  1. 良質なコンテンツを作成しバズらせる
  2. SNSなどを通じて、コンテンツ情報が拡散され人の目に触れる
  3. 見てくれて「面白いな」と思った人がサイトやブログに紹介し、リンクを貼ってくれる
  4. 自分のwebサイトに近いサイトを見つけメールや電話でリンクを貼ってもらえるか聞いてみる。
  5. お金を支払ってwebサイトに広告掲載してもらう。

外部施策では引用したくなるようなコンテンツを作ることによって、何かしらの手段でコンテンツが人の目に触れることが重要になってきます。

同業他社のライバルサイトを確認し、コンテンツ作成から、SNSで拡散、そしてリンクを集めるとろまで一連の流れができているサイトがあれば是非参考にしてみてください。

私は被リンク獲得のためにブロガーの方と相互リンクを行いました。実際に検索順位が上がってきたので効果抜群です。

また、外部リンクを提供するSEO業者が世の中にはまだ存在しています。しかし、Googleは人工的な方法で順位を操作することを認めていません。

無理に順位を上げようとするとペナルティを受け検索順位が落ちる可能性があります。

もし、外部リンクのサービスを受けるのであればGoogle Search Consoleで常にリンクの状況を把握し、管理できる状況にしておくことが望ましくリスク軽減に繋がります。

SEO対策を実践する

SEO対策をするにあたって大事になることは、「検索する人」と自分のWebサイトが「置かれている状況」を把握することが大事になってきます。

何をメインにブログを書いてどんな人に読んでもらいたいかコンセプトをしっかり持つと対策もやりやすくなってきます。

検索する人がどのような人か想像してみる

どのような人がサービスや商品を検索して調べようとしているのか。

手にとってくれるような人、商品が使用される場面を想像してみてください。

まず、商品やサービスがどのようなシチュエーションで使用されて問題を解決しているかを考えます。

重要になってくることが年齢や性別ではなく、どのようなことが知りたくてどのような悩み持っている人かということです。

もし可能であるならば、現場に行って直接お客様に聞いてみたり観察してみることも有効な方法です。

同じような悩みを抱えていて、解決の糸口をつかんでいない人は絶対いるはずです。

検索キーワードを考える

皆さんのWebサイトを訪れる可能性のある人に対してイメージが固まったら、次の段階で検索キーワードを考えます。

重要なことは、「検索する人が悩みを持ち、皆さんが運営している商品やサービスにたどり着くまで、たくさんの検索ワードを入力する」ということです。

この段階の数だけで検索キーワードが存在することになります。

コンテンツがあれば検索する人に読んでもらえる機会が多く作れます。

ユーザーの訴求に沿ったイメージはなかなか難しいので身近な人に「こんな悩みがあるとして、どのように検索する?」「悩み解決した場合、次のに何を検索する?」という具体的にシミュレーションするの良いです。

例えば、実際にSEOやWebに関して全く知らない社内の人間に検索してもらい検索の動向を調べたりすることもあります。

検索しそうなキーワードが見つかったら最後にキーワードの検索数を調べます。
キーワードを検索する人がいなければもともこないのでキーワードプランナーで検索数を調べます。

ads.google.com

ベンチマークしているサイトのリンクの調べ方

運営しているサイトの他にも必ずといっていいほど類似したサイトがWeb上には存在します。

自分で運営しているサイトはGoogle Search Consoleで状況を把握することができますが類似サイトのリンク状況は分かりません。

ただ、リンク数の多さを競うのではなく、次の施策に繋がる方法を見つけます。

類似サイトはどのようなリンクを集めているのか、自分のサイトで活かせる方法がないのかチェックする必要があります。

無料で他社のリンクを確認できるツールがありますので参考にしてみてください。

瞬時にリンクの情報を集めるツール

SEOチェキ

Moz

ahrefs Site Explorer 

他にもおすすめなツールをご紹介します。 

関連キーワード取得ツール

Googleサジェスト、Yahoo!関連語API、教えて!goo、Yahoo!知恵袋の情報元より関連キーワードを一括取得し、表示するツール。

goodkeyword.net

www.related-keywords.com

ベンチマークしているサイトを日頃から確認する

運営しているWebサイトの置かれている状況を把握しないといけませんので、他者の施策を把握する必要があります。

実際にライバルだと考えているサイトがSEO対策を行う上でのライバルではないかもしれません。

例えばサービス上のライバル会社だとしても、Webでの売上げは非常に少ない可能性もあります。

他にもSEO対策に注力している会社があれば、その会社をSEO対策上のライバルとするべきです。

また、サービス内容は一緒なことが多いのでSEO対策しているかしていないのか分かりやすいです。

(例:「ブログ SEO対策」と検索して上位にきているサイトはしっかり対策をしている可能性が高いです。)

ライバル会社を見る時、注意してもらいたことが「どのようなコンテンツを持っているのか」「どんなリンクを集めているのか」の二つを重点的に見てもらえればと思います。

サイトのコンテンツが充実して、良質なリンクも集まっているなら、自分の運営しているWebサイトでも同じような状況を作らなければなりません。

私は一番ここを努力しなけらばならないと思っています。

また、SNSの更新数やユーザーの反応もチェックしなければなりません

SEO対策をした後の効果検証編

SEO対策をした後、実際にサイトがどのような状態にあるのか、把握する必要があります。そのための指標が必要です。

指標として必要になってくることが「ターゲットのキーワードの順位」「検索からの流入数」「流入キーワード数」が考えられます。

これらの施策が上手く成果に繋がっているのか確認するためにもPDCAをしっかりする必要があります。

ターゲットキーワードの順位をチェックする

掲載順位の変動時間はこれと言って決まっておりません。

そのため、朝出社した際に朝一で確認するなどしてクセ付けておきましょう。

そしてターゲットとしたキーワードでの掲載順位を確認します。

徐々に順位が上がっているのであれば、特に問題はありません。

もし、急激に順位の下落が確認できた場合、今行っている施策がGoogleのガイドラインに沿ったものであるのか見直す必要があります。

support.google.com

導入キーワード数をチェックする

施策に伴い、関連するキーワードの流入が増えていくことが予想されます。

コンテンツページを追加することで新たなキーワードで流入も期待できます。

ただ、コンテンツを増やす場合の注意点として、キーワードをのみを意識した単なるコンテンツの産をつくるのではなく、お客様のニーズや訴求に沿ったコンテンツでないと意味がありません。

全てはお客様の問題解決のためと意識して記事を書いていけば質の良い記事が出来上がってくるでしょう。

ただ、良質なコンテンツページをが増えてきて、流入キーワード数が増えない場合もあります。

ページが検索エンジンに認識されているか、内部リンクが適切にされているチェックを忘れないようにしましょう。

検索エンジンからの流入数をチェックする

順位の上昇や流入キーワード数の増加で、検索からの総流入数は増加します。

また、施策とは関係なく総流入数が増えていることが少なからずあります。

ラッキーと思うのではなくしっかりと原因を調べることでキーワードの発見や新たなコンテンツの発見に繋がるはずです。

次の施策を考える

検証を繰り返し行い、次の施策を考える場合でも、検索エンジン経由の流入を細かく把握することが大切です。

Google AnalyticsやGoogle Search Consoleを導入してどのページにどの様なキーワードがきているか確認してください。

Google Search Consoleには「検索パフォーマンス」がありますので分析の役にたてましょう。

因みに、Google Search Consoleの状態はこんな感じです。しょぼいですね・・・

Google AnalyticsやGoogle Search Consoleの導入方法は別途違う記事で書きますのでご了承ください。

あきらめずとにかく継続してやり続ける

SEOはたった一度の改善で終わることではありません。

同じ業界でも商品やサービスのトレンドが変化するように、検索されるキーワードのトレンドも変化します。

また、Googleアルゴリズムも日々更新されています。

ユーザーの検索環境はスマートフォンの普及によって大きく変化してきています。

検索をめぐる変化に対して日々対応していかなければなりません。

また、誰かが悩みを抱え情報が欲しいと思っている人は大勢います。

インターネットがなくならない限り検索する人は絶対いなくなりません。

運営しているWebサイトをより多くの人に知ってもらうため、継続してSEO対策に取り組む必要があります。

隙間時間を見つけてインターネットで情報収集することや本を買って最新のトレンドを把握するなど、常にアンテナを張っておかなければすぐに置いて行かれるので努力を怠らずがんばって欲しいと思います。 

SEOだけが集客の方法ではない

Webサイトの集客方法としてSEOが魅力的で手を付けやすいことは確かではあります。なぜならユーザーの悩みや疑問が明らかになっており、それらを解決したいと検索するためです。

一方でSEOの弱みでもあります。

それは検索しない人との接点が持ちにくいということです。

例えば、売ろうとしている商品やサービスが世界で一番最初の商品やサービスだった場合、魅力や解決する問題自体にユーザーは知らないので、SEO対策で得られる集客はあまり見込めません。新商品には向かないですね。

商品やサービスの性質や業界全体の傾向を見て、検索エンジン経由での接点が少ないのであればSEOだけではくディスプレイ広告やDM、CM,電車内広告、折りこみチラシなど別の集客方法も検討する必要があります。

SEOに取り組むのその後でも遅くはないと思います。 

SEO対策についてより深く理解するために

SEOの基礎的なことをご紹介させて頂きました。SEOについて深く知るために専門化がブログやYouTubeにアップしています。

私の記事と合わせてみて理解を深めてみてください。

SEOといえば「バズ部」がかかせません。

SEOで成果を出すために必要な知識と実践方法の全て
ここではSEOを攻略するための必要な知識とスキルを全て解説しています。よりビジネスを成長させるため、しっかり読み込んで実践していただければ、今までをはるかに上回る集客とコンバージョンが実現できるようになります。

有名ブロガー「マナブ」さんがSEOについて詳しく解説しています。

 

同じく有名ブロガー「ヒトデ」さんがSEOについて詳しく解説しています。

そして最近YouTubeで登録者数を増やしてきている「なかじ」さんもおすすめです。

SEO初心者がSEO対策を実践から効果検証まとめ

ホームページやブログを持っている人にとってSEO対策は切っても切り離せません。

検索上位に上がれば売上も上がるし認知度も上がります。メリットしかありません。

検索上位に切り込むためには地道な努力が必要になってくるのです。

今回、私はが担当者として絶対必要になってくるSEO対策についてやってきたことを記載致しました。

初めてSEO対策に取り組む方の参考になればとても嬉しいです。

また、既にそんなことしっているよ!という方がいましたら情報共有していきましょう。

SEO対策の取り組み方、実践から効果の確認まで一通りご紹介させていただきました。

コメント

  1. hoozukireiko より:

    現在、検索流入(グーグル、ヤフーともに)1%未満になってしまいました。初心者にもわかりやすいSEO対策の記事、楽しみに待っています。またよろしくお願いします。

  2. livefree00 より:

    >>ほおずきれいこ (id:hoozukireiko)
    コメントありがとうございます。とても嬉しいです^^
    他にも色々な記事をかければと思います。引き続きよろしくお願い致します。

タイトルとURLをコピーしました