【最新】Webマーケティングおすすめ本【現役のWebマーケターが推薦】

Webマーケティング

Webマーケティングについて勉強したいのですが、おすすめの本はないかな?

このような疑問にお答えします!

こんにちは。そら(@sora0free0)です。

webマーケティングの勉強方法をいろいろ試してきたけど、全然続かなくて理解できない!」と悩んでいませんか?

実は、最低限のWebマーケティング本使いこなせば簡単に理解することができます。それが今回ご紹介するWebマーケティング本になります。

なぜなら、初心者の人はまず何から勉強すればよいのわからず、基礎知識がないと理解できないところからはじめ挫折してしまうからです。

私は現在webマーケターとして仕事することができています。

本記事は、Webマーケティングを独学で勉強したいという方におすすめな本を紹介します。

この記事を読むと、いま購入するべきwebマーケティング本が何かを知ることができます。

結論は、webマーケティング初心者は「沈黙のWebマーケティング」を読むことがおすすめです。webマーケティング基礎知識がわかりやすくまとめられています。2冊目以降頭に入りやすくなります。

Webマーケティングを本で勉強するメリットは?

初心者は独学で勉強するしかいないよね。

Webマーケティング未経験者の勉強方法は主に5つです。

  1. Webマーケティング本で勉強
  2. インターネットで調べ勉強
  3. Webマーケティングスクールに通う
  4. オンライン講座を受ける
  5. Webマーケティング会社に就職

今回は、Webマーケティングスキルを本で勉強することに焦点を当てています。私がこれまで読んだ本でおすすめの本を紹介します。

その他、別の記事で紹介しております。ご参考にしてみくださいね。

Webマーケティングを本で勉強するメリットを紹介しますね。

ネット検索で十分だと言っている人がいるのですが、本も合わせて読むことをおすすめします。理由としては、本はその業界で実績を出した人が出しているからです。

的外れなことは基本あまりなく、素直に知識を貯めることができます。

ネットの場合、誰かわからない人が記載していることが多いので疑ってかかる必要があります。

そら
そら

中にはWebマーケターを名乗り怪しい情報商材を売りつけてくる人もいるので注意!

もちろん、正しいこともたくさん書かれています。ただ、逆に間違っていることも多いです。

まずは、基礎的な知識はしっかりと本で体型的に学んで理解するようにしましょう。

Webマーケティングを本で勉強するデメリット

デメリットは、一択です。時間がかかるということです。自身の成長度合いをはかることが難しため勉強した知識をアウトプット場を作る必要があります。

»Webマーケティング独学で勉強する方法「完全ロードマップ」

Webマーケティングの知識を体型的に学べる

Webマーケティング本は、Webマーケティングの知識を効率よく体型的に学ぶ事ができます。Googleでググらなくても、一冊の中に欲しい内容がまとまっています。

内容は少し古い情報になることもありますが、それでも基本となる知識や考え方が体系的にまとまっているのが本の特徴です。

ただ、最新の情報はネットの方が早いです。

Webマーケティング業界は、基本となる知識や考え方は意外と普遍的なものが多いですので、基本となる本は何冊か読んでおけばOKです。

Webマーケティング業界の動向に気づく

Webマーケティング業界は、プロダクトの流れが速く、様々なアップデート情報であふれています。

Googleのアルゴリズムアップデートなど1年に何回もアップデートを繰り返します。それによってSEOの知識やSNSの活用法は大きく変化します。

Googleに限らず、新しいツールやサービスがどんどん出てきています。1年前に主流だったことが、今日はもう使えないことも頻繁にあります。

とても流れの速いWebマーケティングの業界動向を、過去から現在まで何が起きてきたのか本で知ることができます。

Webマーケティング初心者の方は、業界の過去、今使える情報を網羅的に把握する必要があります。Googleで調べるより本のほうが、正確に速く学ぶことが可能です。

Webマーケティングの基礎を学ぶ本

そら
そら

Webマーケティングの概念がわかりやすく紹介されている本を紹介します。

Webマーケティングの基礎を学ぶ本について紹介します。

私がWebマーケティング会社に転職する前に独学で勉強した本です。Webマーケティング会社に転職して最初に読めと言われた本を紹介しますね。

これを読んで置けば、OKです。基礎完成です。

沈黙のWebマーケティング

Webマーケティングの極意を「マンガ風ストーリー」で学ぶことができます!

私が1番最初に読んだwebマーケティング本です。教科書のように熟読していました。

沈黙のWebマーケティングはWebマーケティングの考え方やノウハウを、初心者の方でも理解しやすいよう解説したものです。

Webマーケター「ボーン・片桐」が活躍するマンガ風のストーリーと、理解を深めるために解説月です。

本は分厚いですか、一気に読み終わって面白いですよ。

マンガでわかるWebマーケティング

不動産会社で勤めていた時1番最初に購入した本です。知識が全くなかったのでマンガだどスムーズに読めました。

Webマーケティングの領域を、体型的に学ぶベストな一冊です。

この本で全体像をつかんで、それぞれの専門領域の本を、というのがおすすめ。

マネジメントの視点で書かれているところが、面白いです。

はじめてでもよくわかる! Webマーケティング集中講義

マーケティングの基礎からしるための入門教科書。

アドテクノロジーの教科書

ちょっと、まだWebマーケティングに慣れていない方は、難しいかもしれません。Webマーケティング業界関わる様々な用語が出てきます。

まずは、ぱっとみてこういうものなんだというくらいで大丈夫です。

この本を理解したら、完璧です。

必携 インターネット広告 プロが押さえておきたい新常識

新卒研修で最初に使う教科書的な存在です。コロナ禍で新卒の課題としてこの本を熟読させていました。

初心者がいきなり理解することは、難しいのですがインターネット広告歴史から現在まで何が起きてきたのか網羅的に書かれています。歴史を知る上で役に立つ本です。

また、末尾には用語集もあるので単語の勉強にも役立ちます。Webマーケティング初心者が最初にぶつかるの業界用語です。3英字が非常に多いです。(RTB、DMP、PMP、CTR、CPA、などなど)

ここで、一気に理解することは難しいですが、一つ一つゆっくり覚えていきましょう。

興味が出た分野はいちばんやさしいシリーズで深堀り

そら
そら

いちばんやさしい教本シリーズはおすすめだよ

Webマーケティングに関して体型的に学んだあとは、興味ある分野を深堀していきましょう。

先ほどの本は、各分野をソフトタッチしている程度なので実際に中身がどうなっているのか知る必要ああります。

全て勉強することは難しいので、興味ある分野を勉強すれば良いです。

その中で、おすすめなのが「いちばんやさしい教本シリーズ」です。

私は不動産会社で自社のWebサイトを1人で担当していた時期がありました。

その時、SEOの知識が求められていましたので、「いちばんやさしい新しいSEOの教本」を読んで勉強していました。

当時、Webサイト作っている社長に聞いたら「いちばんやさしい教本シリーズ」はおすすめと言っていたことは今でも覚えています。社員1人1人に教科書として渡していました。

いちばんやさしい新しいSEOの教本

こちらを読めばSEOの知識はOKです。あとは、実践あるのみです。

最新のモバイル環境に対応。検索エンジンに正しく評価されるSEOが身に付きます。

Webやマーケティング担当者と技術者がこの1冊で課題を整理し共有。

WordPressを使ったモバイル対応など、実践的なノウハウが満載です。

いちばんやさしいGoogleアナリティクスの教本

人気講師が教えるWeb解析と広告計測の基本書です。

実際に、Web広告を活用して配信するとGoogleアナリティクスでデータ分析する必要があります。

解析ツールの導入と合わせて「タグマネージャー」を使う場合があります。

こちらも、勉強していて損はないですよ。

いちばんやさしいリスティング広告の教本

リスティング広告が1番使われているWeb広告だと考えています。リスティング広告の知識があればWebマーケティング会社の入りとしては十分です。

予算の設定、キーワードの選定、入札など、リスティング広告で必ず直面する問題に対して、単なる手順ではなく「考え方」を解説。応用が利く解決力が身に付きます。

いちばんやさしいコンバージョン最適化の教本

SEOやコンテンツマーケティングを駆使していくら集客できていても、コンバージョンにつながらなければ意味がありません。

せっかく集客した訪問者を1人でも多くコンバージョンに導き、自社サイトのコンバージョンを最大化するためには、仮説と検証に基づく方法論を解説します。

Webマーケティング中級者向け(実践経験あり)のおすすめ本

そら
そら

webマーケティング基礎ができれば中級者向けの本をよんでおきましょう。

Webマーケティングある程度知識がついてくると、現場で実践する必要が出てきます。現場でしか得られない知識と合わせて中級者向けのおすすめ本を紹介します。

<ネット広告&通販の第一人者が明かす>100%確実に売上がアップする最強の仕組み

売れるネット広告社の「加藤公一 レオ」が実績ある経営者が実際に試して売上を上げてきた方法を惜しみなく記載されています。

EC単品通販を扱う方は必読書です。

「加藤公一 レオ」」が担当したすべてのクライアントを大成功させてきた「ネット広告」で費用対効果と売上を100%確実に上げる門外不出のノウハウとなっています。

ハイパワー・マーケティング

全米で「マーケティング・バイブル」と称賛される伝説の名著です。経営の細かな改善点を豊富な具体例で解説。実践すれば売上アップは間違いなし!

ジョブ理論

商品を取り扱うに当たって必ず物を売る必要があります。Webマーケティングは物を売る仕事です。

世界でもっとも影響力のある経営学者にしてイノベーションの権威、 クリステンセン教授が「人がモノを買う行為そのもののメカニズム」を 解き明かした、全ビジネスマンにおくる完全保存バイブルです。

まとめ:Webマーケティングを独学で勉強するための「おすすめ本」

ここまで、Webマーケティング関わる人、これから関わろうとしている方向けに、おすすめの本を紹介させていただきました。

Webマーケティングの本質は物を売ることにあるのですが、実際に手を動かして考える必要があります。本で、学んだことを実践できる環境に飛び込むことが1番の近道です。

ぜひ、Webマーケティング職で実績を出してくださいね。がんばりましょう!

ご不明な点あれば、コメント欄に連絡くださいね。

コメント