\人気のWEBマーケティングスクールがキャンペーン中/

【体験談】30代のWebマーケターが「ビズリーチ」を使って転職に成功した方法を解説

32歳になり、そろそろ次のキャリアを考えて転職をしたいな。CMで有名なビズリーチってどうなんだろう?

このような疑問にお答えします。

プロフィール
  • そらいろブログ管理人
    (現役WEBマーケター)
  • WEBマーケター歴6年/営業歴6年
  • 年間広告費は数億円の実績
  • 転職経験は2回
    (不動産→アドテクベンダー→広告代理店)
  • 博多っ子
    (とんこつラーメン大好き)
そらと申します

こんにちは。そら(@sora0free0)です。

「30代になりキャリアップを考えてます。転職活動をする時は、どの転職サイトや転職エージェントを使えばいいのだろう。」と悩んでいませんか?

実は、転職活動でおすすめなサービスがあります。それがビズリーチです。

なぜなら、ビズリーチはこの人に来てほしいと思った人に企業の採用担当からスカウトメールが来ることや、質の高いヘッドハンターからの連絡をもらえるからです。

私は、ビズリーチを活用することによって、企業採用の担当者からスカウト、ヘッドハンターからの求人紹介などにより、複数社内定をもらうことができました。

この記事では、3ヶ月間ビズリーチを活用して内定まで至った方法について紹介します。

この記事を読むと、ビズリーチを活用することで転職活動をスムーズに進める手助けになると考えます。

もちろん、ビズリーチに固執することはなく、他の転職エージェントや転職サイトを並行して使うこともおすすめです。

結論から先に申し上げますと、ビズリーチのプロフィール欄をしっかり書き込み、スカウトされた企業採用担当との面接をこなくことによって、内定することが可能です。

コロナ禍の影響で基本的にZoomで面接を行う企業がほとんどです。

そら

中途採用では、採用側の企業で何ができるかを重視しています。自信を持って今の仕事の内容で貢献できることをアピールしましょう!

\ 無料相談を受けてみる /

目次

ビズリーチとは

bizreach

ビズリーチとは、国内最大級のハイクラス転職サイトです。

多くの優良企業、ヘッドハンターから来るスカウトをきっかけに、非公開求人を含む求人情報を選ばれた方だけにお届けします。

ビズリーチは、企業を直接紹介したり、面談を行うことはありません。 企業やヘッドハンターと直接コンタクトが取れるため、効率的・主体的に転職活動したい方、スカウトを受け取ることでご自身の市場価値を測りたい方には最適なサービスです。

ビズリーチ公式より

ビズリーチの特徴として3つポイントがあります。

  1. プラチナスカウト
  2. 厳選された企業・ヘッドハンター
  3. 質の高い求人

一つ一つみていきましょう。

①プラチナスカウト機能

国内企業をはじめ、外資系企業などの優良企業と、厳正な審査をクリアした一流のヘッドハンターが、職務経歴書を見て直接スカウトします。

スカウトを受け取れば、転職活動のきっかけになるだけでなく、自分の市場価値を理解するのにも役立ちます。

②厳選されたヘッドハンターからのスカウト

ビズリーチの独自の評価による、厳正な審査を通過した5,100名以上の優秀なヘッドハンターから、スカウトが届きます。

ヘッドハンターからのスカウトに返信することで、積極的な転職活動が可能になります。

③質の高い求人

ビズリーチならではの、役職、ポジション、待遇等、ハイクラスの方々に向けたものをメインに、他には出回っていない求人が多くあります。

年収も非常に高く、30代以降の転職活動としては非常におすすめです。

\ 無料相談を受けてみる /

ビズリーチの登録から内定までの流れ

ビズリーチは、有料会員になれば、全てのスカウトの閲覧・返信、求人の閲覧・応募が可能になります。

ただ、無料登録で十分対応することは可能です。

なので、無料登録からスタートしていきましょう。私は、無料会員でうまくいきました。

採用企業との直接やり取り
STEP
ビズリーチの無料会員登録

プロフィールや職務経歴書を記載する。

STEP
企業の採用担当からスカウトメールが届く

応募してもいいなと思った企業であれば、スカウトメールから返信する。基本的にカジュアル面談からスタート。

STEP
企業の採用担当と面接日程調整

採用担当とコンタクトが取れたら面接日程を決めて、面接を行う。カジュアル面談からのスタートが多いが、カジュアル面談と題して1次面接をふまえた面談となる場合もある。

1次面接に合格すれば、スカウトメールでやり取りしていた、チャットツールで2次面接、最終面接の連絡がくる。

STEP
最終面接に合格して内定

おめでとうございます。無事に内定を勝ち取り年収交渉に入ります。エージェントを入れていないので直接企業担当と年収交渉に入る。

私は、ここで現年収よりも60万円アップに成功した。

私は、ヘッドハンターの活用もしたのですが、最終的に企業からのスカウトで内定がきまりました。

直接やりとりを行うので、内定までのスピードがとてもはやかったです。

ヘッドハンターを活用する場合の流れも記載しますね。

ヘッドハンターとのやり取りの場合
STEP
ビズリーチの無料会員登録

プロフィールや職務経歴書を記載する。

STEP
ヘッドハンターからのスカウトメールが届く

ヘッドハンターからのスカウトメールが大量に届く。プラチナスカウトで閲覧できるヘッドハンターからのプロフィールや評価がよかったら返信をする。

STEP
ヘッドハンターと面談

スカウトメールに返信し、面談の日程を決めましょう。ヘッドハンターに会うことで自信のスキルややりたいこと、市場価値などを棚卸ししてもらいましょう。

棚卸しが完了し、要望に沿う企業を紹介してもらう。

STEP
応募企業へ面接

ヘッドハンターによって、面接対策をしてくれるようなところもあるが、基本的に中途採用面接で聞かれることはほとんど一緒。人事経験のある人がYouTubeで面接対策を動画でアップしているのでみておこう。

STEP
最終面接に合格して内定

年収などの条件交渉や入社日調整などをヘッドハンターに仲介してもらおう。

ビズリーチを登録すると、ヘッドハンターから大量にメッセージが届きます。

最初は、戸惑ってしまうと思いますが、内容を確認してよさそうな人がいれば、声をかけてみましょう。

採用企業から直接声がかかるように、職務経歴書を充実させ、ヘッドハンターを使わず進めることがおすすめです。

ヘッドハンターによっては、上から目線の人がいたりと、転職社の幸せを考えず手数料だけ狙ってくるような人も一定多数います。

ビズリーチの価格

ビズリーチでは有料のプレミアムステージがあります。

私は無料で十分だったのですが、有料プラン活用することでビズリーチにおける転職活動の幅を広げられます。

タレント会員値段

30日間コース 3,278円(税込)の一括払い

ハイクラス会員値段

30日間コース 5,478円(税込)の一括払い

自身でお申し込みをされない限り、ご利用料金は発生しません。

有料プラン(プレミアムステージ)

全てのスカウトの閲覧・返信、求人の閲覧・応募が可能です。

ビズリーチを最大限活用して、転職活動を進められます。

また、ビズリーチプレミアムの各種コンテンツの利用が可能です。

無料プラン(スタンダードステージ)

「プラチナスカウト」のみ閲覧・返信が可能です。

また応募については、公募・特集求人などの特別な求人のみ可能です。

無料プランは、このように閲覧できないスカウトメールもあります。

\ 無料相談を受けてみる /

30代がビズリーチを選ぶ理由5選(メリット)

まずは、30代がビズリーチを選ぶメリットについて5つ紹介します。

  1. 質の高いヘッドハンターと出会える
  2. スカウト機能で書類選考なしで面接できる
  3. 高年収求人が豊富で年収アップしやすい
  4. 無料でも転職できる
  5. チャット機能がシンプル

順番に説明していきますね。

①質の高いヘッドハンターと出会える

ヘッドハンター検索によって、質の高いヘッドハンターと出会うことが可能です。

なぜなら、ヘッドハンター検索機能によって、各ヘッドハンターの評価を可視化できているからです。

ビズリーチでは、ヘッドハンタースコアと呼ばれている独自の機能あります。ヘッドハンターの実績や会員からの評価を0から5段階で可視化されています。

さらに、ヘッドハンターの検索機能も充実しているので評価の高いヘッドハンターを見つけることも可能です。

ヘッドハンタースコアの内訳はこんな感じです。

Sランク

4.0~5.0

Aランク

3.5~4.0

Bランク

3.0~3.5

Cランク

2.5~3.0

Dランク

2.5未満

新規加入

スコアなし

ランク評価基準は、以下となります。

  • 採用された登録会員の決定年収
  • 直近6か月の採用決定人数
  • ヘッドハンターから送信したプラチナスカウトの返信率

ビズリーチに登録している優秀なヘッドハンターは、自分と相性のいいヘッドハンターに相談すれば、新しいキャリアを築ける可能性もあります。

ただし、有料会員ではないと詳細を閲覧できません。

なので、スカウトメールにきたヘッドハンターでスコアの高い人を基準にやりとりをすることがおすすめです。私も良い担当者に出会うことができました。

②企業からのスカウトメールで書類選考なしで面接できる

ビズリーチの1番いいところは、採用企業からのスカウトメールで書類選考なしで面接することができます。

しかもビズリーチは、高年収求人が豊富で年収を上げやすく、プロフィールで設定した今の年収よりも低い求人はあまりこない傾向です。

希望に沿う、企業から面談の連絡がきたらすぐに連絡をしましょう。

③高年収求人が豊富で年収アップしやすい

ビズリーチは、高年収求人が豊富で年収アップしやすいと評判です。実際に私の年収も上がりました。

理由として、ビズリーチで職種を法人営業やWeb広告運用で年収800万円以上で検索をしてみたところ、4,910件以上もの求人を保有しているからです。

また、条件を外し、年収800万円以上にすると102,581件もありました。

リクルートエージェントやdodaと比較しても比較しても、非常に多いです。

「年収を上げてキャリアアップをしたい」 と思う方にとっては間違いなく登録すべきサービスです。

なので、企業からのスカウトがきたタイミングですぐ返信できるようにチェックしておきましょう。

④無料でも転職できる

ビズリーチは、有料会員登録をしなくても無料会員で転職することが可能です。

職務経歴やプロフィールをしっかり登録しておくと、企業からのオファーが必ずきます。特に採用に力を入れ出す、11月〜2月にかけてスカウトメールが来やすいです。

私も11月にビズリーチ経由で多くの企業からスカウトメールが届くようになり、面接を多く受けました。

企業との面接は、基本的にZoomでの面接となります。在宅ワークの方は非常に転職活動をしやすい環境になりました。

実際に、私は会社で共有しているスケジュール管理表に、企業アポと記載し転職活動を行っていました。

さらに、スカウトメールがいっぱい来るので、練習用の企業を選定して面接することも可能です。

そら

面接練習で受けた企業の採用担当の方、ごめんなさい。

⑤管理画面がシンプルでメール対応が簡単

ビズリーチの管理画面は、シンプルで非常に使いやすいです。

特に、企業担当やヘッドハンターとのメールのやり取りは、とてもやりやすいです。

なぜなら、テンプレートから返信分を作成してさくっと対応することができるからです。

私も、テンプレートを使って返信していました。

\ 無料相談を受けてみる /

30代がビズリーチを選ぶ理由4選(デメリット)

30代がビズリーチ使うデメリットについて紹介します。

  1. ハズレのヘッドハンターがいる
  2. 企業とのやりとりは個人でやる必要がある
  3. メールが多く漏れやすい
  4. 行きたい企業から連絡が来るわけではない

①ハズレのヘッドハンターがいる

ヘッドハンターのスコアが可視化されているが、ハズレのヘッドハンターもいる。

なぜなら、人によって相性があるのでどんなに優れたヘッドハンターでも合わない可能性があるからです。

実際に私も、経験豊富のヘッドハンターにアポを取り面談をしたのですが、上から目線で嫌な気持ちになりました。

「あなたの経験から、●●●関連の企業しか受からないと思います。なのでこういった企業を受けてみましょう!」

こんな感じで、上から目線で決めつけた感じで行ってきました。可能性をつぶして、自分が入れたい企業へ持っていくような営業トークでした。

ヘッドハンターも、企業からの採用後の手数料で売上を立てているので必死なのはわかるのですが、私も人生かかっているので営利目的で来られると一歩引きました。

なので、ヘッドハンタースコアが高くても、うのみにせず、自信で見極める必要があります。

②企業とのやりとりは個人でやる

企業からのスカウトの場合、ヘッドハンターなどの転職エージェントに仲介を頼んでいないので、企業とのやりとりは全て自分で行う必要があります。

採用企業とのメールのやり取りや年収交渉など全て自分で行う必要があるので、交渉が苦手の人はやりづらい可能性があります。

実際に私も、年収交渉が苦手だったのですが、なんとかグレードを1段階上げてもらい年収を上げることに成功しました。

採用企業の担当者からの言い分を全て受け入れず、しっかりと伝えたいことはいいましょう。

ただ、内定が決まった後に年収交渉する必要があります。

1次面接や2次面接の段階で、年収交渉は面倒な人と思われるので内定が決まった後に交渉しましょう。

③メールが多く漏れやすい

ビズリーチからのメールが頻繁に来るので、大事なメールを見落とす可能性があります。

ヘッドハンターからのメールや企業からメールが頻繁にきますので、チェックできるように管理しておきましょう。

受けるべき企業からのスカウトメールを見落として、他のライバルで決定し終了ということもあります。

行きたい企業から連絡が来るわけではない

私は、本当にたまたま行きたいと思っていた企業からスカウトがきました。

結論、行きたい企業から連絡が来るわけではないということを念頭においておきましょう。 

企業からのスカウトはヘッドハンターからの連絡よりも件数は少なく、また名前もしらない企業からの連絡もあります。

なので、企業からのスカウトを待つだけの転職活動は効率が悪いので、他の転職エージェントも活用することがおすすめです。

ビズリーチと併用しておすすめできる転職サイトや転職エージェントサービス。

おすすめ転職エージェント3選
JAC Recruitment

30代〜50代をメインターゲットにしているハイクラス向け転職エージェント。ハイキャリアを目指す方におすすめ。年収アップも狙えます。

転職のリクルートエージェント

転職業界実績No. 1のリクルートエージェント。転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

doda転職エージェント

求人の質と量が高く情報量がすごい!大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

ビズリーチを使う30代向けの関連記事3選

30代からの転職であればまずビズリーチに登録すべきですが、他にも転職エージェントを利用することで、成功率をグッと上げることが可能です。

まとめ:30代のWebマーケターが「ビズリーチ」を使って転職に成功した方法を解説

今回は、30代のWebマーケターが「ビズリーチ」を使って転職に成功した方法を解説しました。実際に私もビズリーチには非常にお世話になり内定までもらうことができました。

お忙しい中、当ブログを最後まで読んでくださりありがとうございます!

  • ビズリーチとは
  • ビズリーチのメリット・デメリット
  • キャリアップするためのポイント
  • ビズリーチを活用して転職を成功させる方法

今後キャリアアップを目指す30代は、ビズリーチを利用すべきで、登録したら職務経歴書を登録して、スカウトを待ちましょう。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次