\人気のWEBマーケティングスクールがキャンペーン中/

【30代未経験】からWebマーケティング業界へ転職する方法を徹底解説【経験談あり】

Webマーケティング業界に転職を考えている30代です。30代未経験から転職できのか不安です。

このような疑問に答えます。

この記事の内容まとめ
  • 30代Webマーケティング未経験でも転職はできるのか
  • Webマーケティング職のメリット・デメリットについて
  • Webマーケティングおすすめスクールの紹介
30代未経験でも転職できるよ!

こんにちは!そら(@sora0free0)です。

今回は、30代未経験でWebマーケティング業界へ転職する方法についてご紹介します。

実は私も未経験からWebマーケティング会社に転職しました。そして経験からわかったことは、30代未経験でもWebマーケティング業界へ転職することは可能です。

Webマーケティングのニーズが増え募集件数は増えている傾向です。

なぜならコロナ禍でWeb集客に力を入れる企業が増えており、30代未経験でもWebマーケティングに挑戦しやすい環境になっているためです。

そら

30代未経験からでも転職は可能だよ。

結論から先に述べると、営業経験がある方Web広告運用にチャレンジ。営業未経験の方Web広告の営業がおすすめです。

私がもう何年もWebマーケティングの仕事をしているので自分の体験を踏まえながら「30代未経験でも転職できるコツ」をまとめています。

詳しく書いていますので、時間がある時に読んでください!(ブクマ推奨)

おすすめ転職エージェント5選
JAC Recruitment

30代〜50代をメインターゲットにしているハイクラス向け転職エージェント。ハイキャリアを目指す方におすすめ。年収アップも狙えます。

転職のリクルートエージェント

転職業界実績No. 1のリクルートエージェント。転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。

doda転職エージェント

求人の質と量が高く情報量がすごい!大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

マイナビエージェント

20代・30代のハイクラス転職目指す方に最適。東京・神奈川・埼玉・千葉における優良企業の求人が豊富

ビズリーチ

国内最大級のハイクラス転職サイト

私の経験談をもとに、今だったらこのようにWebマーケティング職へ転職するという方法について解説しています。

目次

Webマーケティングとは

結論から言うと、Webマーケティングとは、

お客様の顧客満足度を上げて、Webを通じて商品が売れる仕組みを作ること」です。

顧客満足を上げるために、Web広告を通じてプロモーションを考えます。そして、Webを活かして売れる仕組みを作り上げることが「Webマーケティングの仕事」になります。

詳しくはこちらで解説していますので参考にどうぞ。

30代未経験からWebマーケティング業界に転職可能な理由について

そら

私の会社でも30代後半でWebマーケティング未経験の方が入社してきたよ。

30代未経験からWebマーケティング業界に転職可能な理由について3つ紹介しますね。

  1. コロナ禍で採用ニーズが高まっているから
  2. Webマーケティングの市場が伸びているから
  3. 人で不足で業界未経験でも採用されやすいから

詳しく説明していきますね。

①:コロナ禍で採用ニーズが高まる

新型コロナウイルスによる影響で旅行・ホテル業界など厳しい中、「Webマーケティング」に関してはネットを閲覧する時間が増え、Web集客の需要が高まっています。

求人件数も多くて安定しています。

出典元:リクナビNEXT

求人情報最大手である「リクナビNEXT」で「Webマーケティング」と検索した場合の検索結果を示したものです。

出典元:リクナビNEXT

2021年5月時点での結果ではありますが、多くの求人が掲載されています。上場企業から中小企業まで様々です。

また、「職種未経験」「業界未経験」など、未経験向けの求人が数多く掲載されています。

働き方についても、在宅やフルリモートであったり、面接自体もリモート可能であったりと以前よりも柔軟な求人が多い印象を受けます。

このように、Webマーケティングは以前にも増して業界未経験者へのハードルが下がりつつあるので、見方を変えると今が転職しやすいチャンスでもあります。

②:Webマーケティングの市場が伸びている

Webマーケティング市場全体の動向をみても、30代業界未経験者に有利な状況です。

「インターネット広告費」は新型コロナの影響を受けたものの成長を続け、「マスコミ四媒体広告費」に匹敵する2.2兆円規模、総広告費全体の36.2%の市場となりました。

また、「インターネット広告費」から「インターネット広告制作費」および「物販系ECプラットフォーム広告費」を除いた「インターネット広告媒体費」は、運用型広告のさらなる拡大や巣ごもり需要によるソーシャル広告や動画広告の増加により広告費1 兆 7,567 億円(前年比105.6%)となりました。

③:Webマーケティング業界未経験でも採用されやすい

そら

昨今、業界未経験からの採用もされやすくなっています。

業界未経験からの募集は大いに歓迎されている企業は多いです。というのも、Webマーケティングはあらゆる業界から予算を預かりプロモーションを考える必要があります。

なので、業界未経験からの転職はネックにならない傾向です。私の会社でも不動産・証券・商社・アパレル・飲食など様々な業界から転職している人は大勢います。

30代未経験からWebマーケティング業界へ転職するメリット5つ

そら

ここまで、30代からWebマーケティング職へ転職することは十分可能であるとお伝えしました。

30代未経験からWebマーケティング業界へ転職するメリット5つあります。

  1. 働きながら専門スキルを習得できる
  2. 業界問わずスキルを活かせる
  3. 副業に役立つ
  4. リモートワークなど柔軟な働き方ができる
  5. 独立の道もひらける

1つ1つ解説していきますね。

①:専門スキルを働きながら学ぶことができる

Webマーケティング職は働きながら学ぶことがができます。

Webマーケティング職は、ディスプレイ広告を筆頭に、SEO対策やSNS広告、アフィリエイト広告など目的に応じてさまざまなスキルが必要になります。

独学で身につけようとしても、どこから学べばいいのか、自分にとって何が必要なのかわかりません。

Webマーケティング職に転職できれば、実務を通して自分に必要なマーケティングスキルを学べます。

実務にそくして優先度の高いスキルから順に学べるため、学習に無駄がなく、スキルアップを実感できるでしょう。

実際に私の業務経験を記載した記事がありますので参考にしてみください。

Web広告運用経験とWebマーケティング営業経験を記載しています。

②:業界問わずスキルを活かせる

Webマーケティング職で培ったスキルは、業界問わずどこでも活用することができます。

どの企業も自社商品、ホームページがあると思います。

Webマーケティング職は自社商品をどのように購入してもらうのか、またホームページ訪れるユーザーをどのように増やしていくのか考えます。

そのため、購入させるため、ユーザーを増やすための手段として、Web広告、SEO対策などを活用する必要があります。

Webマーケティング職で培ったスキルを業界と問わずいろんな企業で活かすことが可能となります。

Webマーケティングに興味ある方は、本で身につけられることはあります。Webマーケティングおすすめの本を紹介しています。

③:副業に活かすことができる

Webマーケティング職で経験したスキルを副業で活かすことができます。

副業をする事で、本業と違ったスキルがさらに身につきます。

それは、「個人でお金を生み出すスキル」です。

私は仕事で得たWebマーケティングの知識をブログに活かして収益を上げています。当たり前のことですが、会社の情報は流してはいけません。あくまでも汎用的に使えるスキルを指します。

ブログ・動画編集・Webデザイナー・Webライディング・プログラミング」などありますね。

おすすめなのが、「ブログ」です。

本業と副業を両立させてブログで記事を書くことをおすすめします。

本業で得たスキルや知識をブログで情報発信を行い、副業で得たスキルを本業へ活かす。

結果、「スキルも上がり収入も上がる」という仕組みができます

まずは、大手アフィリエイト会社で登録だけしておきましょう。

登録するべきASP3選

おすすめASP3選
A8.net

国内最大規模 。自分のサイトやブログを持っていない方でも登録OK!

もしもアフィリエイト

20万サイトで使われる無料アフィリエイトサービス。初心者の方も安心してご利用

バリューコマース

有名商品が豊富で「稼ぎやすい広告や、稼げる広告が多い」

副業で使えるマッチングサービス3選

仕事で得たスキルを活かして副業にチャレンジすることも可能です。

有名なマッチングサービスを活用してみましょう。

おすすめマッチングサービス
資格不要で稼ぐなら「クラウドワークス」

日本最大級のオンラインお仕事マッチングサイト

ココナラ「得意」を生かして副業

自分の得意なことが出品できる。イラスト作成や動画編集、ビジネスや私生活の相談まで何でも出品OK

ランサーズ
ネットで最短当日にフリーランスなどプロに発注できるマーケット

本業で得たスキルを副業で活かすことができれば、フリーランスとして活躍することも可能になります。

④:リモートワークなど柔軟に働ける

Webマーケティング職で必要なものは、パソコンだけで可能です。

コロナ禍からクライアントの打ち合わせは全てWeb面談のところが多いですね。

打ち合わせの内容もディスプレイ広告、SEO対策、アクセス解析などそのほとんどがオンラインで完結できます。

つまり、場所にとらわれない働き方ができるためリモートワークにも対応可能です。

最近では、完全在宅ワークやリモートワークを導入する企業も増え、オフィスを畳む企業も増えてきました。広告代理店大手の「デジタルホールディングス(旧:オプトホールディングス)」もオフィスを縮小しています。

参考»https://www.nikkei.com/article/DGXMZO59697220Y0A520C2X30000/

そもそも出社する必要性もありませんし、地方移住だって可能です。

⑥:独立の道もひらける

Webマーケティング職は、クライアントの商品やサービスの認知度を高める。サービスを改善する、再来訪を促すなどWeb集客の専門家。

つまり、Webマーケティング会社で一定の経験を積めば、さまざまな業種のWebマーケティング戦略を支援できるようになります

当然ですが、実績を積み上げれば独立や開業も夢ではなく、フリーランスで活躍する、会社を起こすといった選択肢も。

Webマーケティングは、どの業種にも対応できる職種なので、さらに活躍の場が広がりますよ。

30代Webマーケティング未経験転職がもたらす3つのデメリット

そら

Webマーケティング未経験からの転職はよいことばかりではないです。念頭においてみてくださいね。

30代Webマーケティング未経験転職がもたらす3つのデメリットの紹介です。

  1. 結果が出せいないとできない人だとレッテルが貼られやすい
  2. 前職より給料がさがる可能性がある
  3. 社風に馴染めない

一つ一つ解説していきますね。

①:結果が出せないと「できない人」だとレッテルが貼られやすい

結論から言うと、自分で考えて行動し成果を出そうと努力する人が結果を残します。自走できず先輩がずっと隣に着いている状態が続くとできない人のレッテルが貼られます。

30代となると、仕事に対する考え方や行動方法についてビジネススキルを身につけているはずです。

所属している社員も30代の転職者に対して期待をしております。最初は仕事を覚えることで手一杯なのですが、3ヶ月もすると仕事の内容を把握して自走できるようになります。

私の会社にも自走できる30代転職は多くいるのですが、逆に全くできない人もいます。

例えば、「入社時で習うような業界用語が頭に入っておらず話についていけない。」といった感じです。基礎的なことを一気に覚えていかないと先に進むことができません。

どの職種もそうですけど、基礎的勉強をなまける人がいます。自分の首を絞めることになるので予習・復習はしっかり行なっていきましょう。

②:前職より給料が下がる可能性がある

証券会社から転職してきた30代社員から直接ききました。

証券会社時代の年収は800万円、転職後のWebマーケティング職は年収600万円まで下がったそうです。

前職の給料から下がる可能性あるので、将来的なキャリアを見据えての転職であればよいのですが、給料アップを検討している方は注意が必要です。

プレイヤーで入社する場合、給料が下がる可能性があるので転職エージェントに確認してみましょう。

③:働く環境に馴染めない

Webマーケティング会社の働く環境では、今まで対面営業を行なってきた方に多い傾向です。

理由として、Webマーケティング職は対面よりもチャットやメールを使ってコミュニケーションを撮ることが本当に多いです。

社内のやりとりも全てチャットの場合もあります。人と人とのやり取りに慣れてきた方は、はじめはチャット量の多さに度肝抜かれる可能性があります。

コロナ禍の影響で対面営業もほとんどなくなりました、Zoomでの商談が一般的になっているのでネット回線、ビデオの明るさなど最初は失敗することが出てくるかもしれません。

Webマーケティングの転職に向いている人3つ

そら

ここまで、Webマーケティング職のメリットやデメリットについて紹介しました。

ここでは、実際にWebマーケティングの転職に向いている人はいったいどんなひとなのか?

3つに絞ってみました。

  1. 学ぶ意欲や姿勢がある人
  2. 論理的に物事を考えれる人
  3. コミュニケーション力がある人

一つ一つ解説しますね。

①:学ぶ意欲や姿勢がある

Webマーケティング職は学ぶ意欲や姿勢が非常に大事になってきます。

りゆうとして、業界的にスピードが早く、最新のトレンド変化を敏感にキャッチする必要があります。

クライアント様の業界ニーズや最新のWeb広告など知っている必要があります。

②:論理的に物事を考えられる人

Webマーケティングはデータ分析を行う職種でもありますので、数値の矛盾に気付き「論理路的なツッコミ」ができるかがポイントになります。

そして、Webマーケターの一般的なサイクルとして論理的に「課題→仮説→検証・評価→立案・施策」の繰り返しになります。

おすすめ本:»イシューからはじめよ ― 知的生産の「シンプルな本質」

③:コミュニケーション力がある人

相手に自分の意思が伝わるやりとりができる」「相手の話をしっかり聞く」といったスキルです。

昨今コロナ禍で、Webマーケティング(マーケター)はリモートで働く人が増えました。

リモートワークならではの特性を理解し、相手に配慮した意思疎通ができることも重要になっていますね。

30代未経験でWebマーケティングスクール通って転職をめざす

そら

未経験もだからこそ通う価値あります。

30代未経験でWebマーケティングへの転職を希望する方向けに、Web広告に特化したWebマーケティングスクール「デジプロ」があります。

「デジプロ」はWeb広告特化型のスクールとなっております。そして、30代未経験で転職を希望する場合に、即実務で活かすことが可能です。

Web広告は集客フェーズから再来訪フェーズまで幅広く導入されるため、スキルを取得していれば転職時に非常に有利です。

それでは、弊社のWeb広告特化型スクール「デジプロ」の特徴は4つです。

  1. 実務で役立つWeb広告運用が学べる
  2. 働きながらでも学べる柔軟な学習スタイル
  3. 業界トップのマーケターが専属でメンタリング
  4. 卒業後もあなたのなりたいを徹底サポート

「デジプロ」無料オンライン説明会申込

その他、Webマーケティングスクールを比較検討したい方はこちらを参考にどうぞ。

まとめ:30代未経験からWebマーケティング職へ転職することはできる!

今回は、30代未経験でもWebマーケティング職へ転職できることについてご紹介させて頂きました。

30代から転職できる理由は、「コロナで採用ニーズが高まる」「Webマーケティング市場が伸びている」「業界未経験でも採用されやすい」ためです。

Webマーケティングの仕事は最初本当に覚える用語がたくさんあって、大変です。

大変さを乗り越えると楽しさが増してきますよ。

お忙しい中、当ブログを最後まで読んでくださりありがとうございます!

以上になります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる