Web広告運用が辛いってほんと?Webマーケ職に転職を考えている方は必読です

Webマーケティング
スポンサーリンク

未経験ながらWebマーケティング職に興味があります。なんとなくどのような仕事をしているか分かるのですが実際の辛さはどうなんだろう?

こういった疑問にお答えします!

 

✔️本記事の内容

  • Web広告運用は本当に辛い仕事なのか
  • Webマーケティング職に未経験からなる方法
  • Web広告運用のキャリステップ【将来性あり】

 

本記事を書いている私は、Webマーケティング歴が長く現役のWebマーケターです。今までWebマーケティングに関する記事を多く書いてきました。

私がWebマーケティング職に転職する前は不動産営業を行っておりました。パソコンのメールの打ち方やWeb広告って何?といった感じで全く知らない無知な人間でした。

そんな、異業種から転職してそこそこ仕事ができるようになり、そこそこ給与ももらえるようになりました。

さらに、コロナ禍の中テレワークが推奨されています。Webマーケティングに関する知識や経験があれば、パソコン一台でどこでも仕事ができるようになります。

時代背景としても、ぴったりな職種の一つとなってきました。新しいことへの挑戦は勇気のいることです。勇気のある一歩を踏み出そうとしていることは本当に素晴らしいことです。

異業種の後輩がWebマーケティング業界に転職を考えており、「Web広告運用の辛さやWeb広告仕事」の内容に話す機会がありました。

今回は、Web広告運用のリアルな体験について徹底解説します。

本記事を読むことで、Web広告運用の仕事を知ることができ、転職活動のお役にきっとたつはずです。

本記事を読まないと、せっかくWebマーケティング職に転職できるチャンスを逃してしまうかもしれません。


それでは、下記の順番で進めていきますね。

転職のリクルートエージェント|転職業界実績No. 1
»転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。
doda転職エージェント|求人の質と量が高く情報量がすごい
»大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利。

Web広告運用は本当に辛い仕事なのか

ここでは、Web広告運用は本当に辛い仕事なのかを考えるよ〜

 

「Web広告運用は本当に辛い仕事なのか?」問いに対して、結論、Web広告運用の仕事は辛くありません。

なぜなら、Web広告運用はパソコンモニターをずっとみていればいいだけだからです。

Web広告運用を仕事にすると、基本的にパソコンモニターの前で広告配信の進捗状況を確認することが主業務になります。しかも、在宅ワークが普及しどこでも仕事ができることが立証されました。

もちろん、パソコンとにらめっこするわけではないのでWeb広告運用の仕事について紹介しますね。

Web広告運用の仕事内容

Web広告運用の仕事内容は多岐に渡ります。事業会社などのマーケティング予算を持っている企業は、どの広告枠に広告を出すのかを決める戦略、戦術の立案を考えます。

広告代理店はクライアントへの提案、打ち合わせなどの業務があります。

会社によってはフロント業務は営業担当が行います。最近では広告運用担当者がフロントに立つ会社も増えてきました。実際に、広告運用をするのは広告運用担当なので営業を通さず、直接クライアントとコミュニケーションを撮る機会も増えてきている傾向です。

どちらにしても営業と広告運用の基本的な知識は必要となります。

Web広告運用担当の主な仕事は、広告配信の入札調整の設定や準備を行う入稿作業です。

そして広告配信をおこなった結果を分析し、次のPDCAを回すための新たな施策立案などを行うのがWeb広告担当者の主な仕事です。

Google広告の使い方や基本的な広告の知識、さらにExcelの知識(データ集計が発生)と広告文やバナー案などを考えるクリエイティブの知識も必要です。

Web広告も種類が豊富で運用のスペシャリストになるための道のりも長いです。さらに、Tik Tokなど新らしい物が次から次へと出てきます。情報のキャッチアップも非常に重要です。

リスティング広告やSNS広告、DSP(ディスプレイ広告)など様々です。

Web広告運用の1日のルーティン

Web広告運用の1日のルーティン
  • 9:30
    メールチェック
    クライアントやチームメンバーの営業からの依頼内容を確認
  • 10:00
    進捗状況のチェック
    担当している案件の広告配信状況をチェック。問題がありそうな案件は調整する(入札調整・クリエイティブ精査・ユーザー精査・掲載枠精査など)
  • 11:00
    打ち合わせ
    営業との案件打ち合わせ。効率の良いクライアントからどのように広告予算を増額してもらうか。効率悪い案件はどのように改善しクライアントに報告するかなど
  • 12:00
    クライアント打ち合わせ
    新商材の提案・改善・今月の施策・広告予算増額などディカッション
  • 13:00
    お昼休憩
    在宅ワークなのでお昼ご飯を自炊
  • 14:00
    運用MTG
    Web広告運用担当者で集まり事例の共有
  • 15:00
    運用調整
    Web広告のコストをチェック。午前調整した内容の確認。変化がなければ再調整をかける
  • 16:00
    入稿作業
    クライアントからもらった新規クリエイティブの入稿作業
  • 17:00
    レポート集計
    注力案件のデイリーレポート作成。
  • 18:00
    施策考案
    広告配信の設計の見直しや追加
  • 18:30
    夕会
    課内で今日1日の共有を行う
  • 19:30
    残タスク
    残っているタスクを処理。

私の場合ですが、Web広告運用担当者の1日はこんな感じです。日によっては依頼が多すぎて処理しきれず残業が発生することが結構あります。Web広告運用は営業メンバーやクライアントから依頼されることが多くある傾向です。

Web広告運用で苦労していること

ここまで、Web広告運用の仕事内容と1日のルーティンについてお話させていただきました。

正直言うと、Web広告運用の辛いところや苦労しているところは、いろんな人から依頼されることが多すぎるということですね。

特に、仕事ができるようになるにつれ、広告運用がすぐできるようになります。

そうすると、大手企業を任せられたりと仕事量が増えるということになりますね。良いことなのですが、タスク管理が苦手な私は22時過ぎまでしたりすることはあります。

改善点として、期日はしっかり設けて何事もやって行くこと大事ですね。依頼を頼む側は期日を設けず、「今日中にお願いします」とか、「本日の15時までにお願いします」とか。

とんでもない人が結構いるので注意が必要です。

Webマーケティング職に未経験から転職する方法

ここまで、Web広告運用は本当に辛いものなのかについてお話してきました

Webマーケティング職に未経験からなる方法はとてもシンプルです。

結論から言うと、スキルや経験がなくても転職できますよ。
なぜなら、Webマーケティングのスキルは、入社してから身につけていけば大丈夫だからです。

また、転職活動中にスキルが身についている状態であればもっといいですね。

未経験からWebマーケティング職へ転職する

Webマーケティングのスクールがありますので、気になる方は参考にしてみてください。

そして、業界未経験からWebマーケティング職へ転職する方法はこちらで詳しく解説いています。参考にして頂ければ幸いです。

Webマーケティング業界へのおすすめ転職エージェント

Webマーケティング業界転職におすすめのエージェントは、下記4社です。

✔︎Webマーケティング業界に強い転職エージェント

以上の3つの力は、Webマーケティング会社にとって、ポテンシャルと捉えられることが多いです。

転職のリクルートエージェント|転職業界実績No. 1
»転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。
doda転職エージェント|求人の質と量が高く情報量がすごい
»大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利
第二新卒エージェントneo| 就職転職相談しやすさNo.1
»20代転職ほかフリーターなど学歴不問の就職。
20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s
»担当者がしっかりと向き合ってくれ、厳選した案件を紹介してくれます。

ひとまず、この4社を使っておけば、問題ありません。

Web広告運用のキャリステップ【将来性あり】

そら
そら

ここまで、Webマーケティング職に未経験でも可能だということをお話しました。

Web広告運用のキャリステップは非常にわかりやすいです。結論、将来性が個人の市場価値を上げていけば年収があがります。

なぜなら、Webマーケティングは汎用性が聞きます。インターネット広告業界でキャリアを積むのも良いのですが、Web広告運用のスキルを身につければ選択肢がかなり上がります。3つ紹介します。

広告運用のスキルを身につけ大手事業会社へ転職

私が知る限り多くのWeb広告運用社は大手事業会社のデジタルマーケティング部門への転職を狙っています。自社で扱っている商品を手がけることができるので非常にやりがいを感じます。さらに、新商品が出たタイミングでCM出港など、今までと違った経験ができます。

大手アドテク事業会社へ転職

難易度高めなのですが、私の知り合いも何人か転職している人がいます。Google、Yahoo!、Twitter、Facebook、LINE、Tik Tok、Amazonなど自社でテクノロジーをもっている企業へ転職することです。外資系が多いため英語が必須です。自社プロダクトを世界中の人が扱っているので、世界経済を回すほどの影響力があるのでとてもやりがいを感じて仕事ができます。

【Webマーケティング×副業】で年収アップ

Webマーケティングと副業を両立させる方法です。Webマーケティング会社は副業OKなところが多いので会社で学んだことをブログアフィリエイトで活かしたり、Web広告の運用を代行でやったり収入を得ることができます。

まとめ:Web広告運用が辛いと思うのはあるけど実際楽しい

そら
そら

最後に本記事をまとめますね。

 

  • Web広告運用は辛い仕事ではないです。
  • Web広告運用の仕事内容は依頼対応が多くて残業が発生することもあります。
  • Web広告のスキルを身につけいれば大手事業会社など引き合いが多くなります。
  • Webマーケティングと副業で年収アップを狙えます。

Web広告運用は辛いという内容で進めさせて頂きました。Web広告運用は辛い時もありますが、辛いを乗り越えると楽しさしかありません。

特に、数値で可視化できるのでやればやるだけ、自分に帰ってきます。Web広告運用として転職活動を行なっている方、Web広告運用として将来キャリステップを歩みたいと考えている方の参考になったのではと思います。

最後に、もう一度おすすめの転職エージェントを掲載しておきますね。
5分くらいで、サクッと登録しておきましょう。

✔︎Webマーケティング業界に強い転職エージェント

以上の3つの力は、Webマーケティング会社にとって、ポテンシャルと捉えられることが多いです。

転職のリクルートエージェント|転職業界実績No. 1
»転職エージェント最大手で求人が豊富。転職初心者は登録しておきましょう。
doda転職エージェント|求人の質と量が高く情報量がすごい
»大手転職エージェント。サイト内の転職人気企業ランキングが便利
第二新卒エージェントneo| 就職転職相談しやすさNo.1
»20代転職ほかフリーターなど学歴不問の就職。
20代・第二新卒・既卒向け転職エージェントのマイナビジョブ20’s
»担当者がしっかりと向き合ってくれ、厳選した案件を紹介してくれます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました