\人気のWEBマーケティングスクールがキャンペーン中/

Web広告運用の副業はじめ方は?稼ぎ方は?案件獲得方法や相場について徹底解説

WEB広告運用の副業の進め方は?案件獲得方法や相場について解説

WEB広告運用の副業ってどのようにはじめればいいのかな?

このような疑問にお答えします。

WEB広告運用のスキルがあれば副業で稼ぐ事ができるよ!
この記事の内容まとめ
  • WEB広告運用の副業のはじめかた
  • WEB広告運用の副業の種類や報酬相場
  • WEB広告運用の副業の見つけかた
  • WEB広告運用のスキルを身につける方法
  • 初心者でもWEB広告運用の副業はできるのか

こんにちは。そら(@sora0free0)です。

「何かスキルを身につけて副業で稼げないのかな?」と考えていませんか?

実は、今回お話するWEB広告運用のスキルがあればお金を稼ぐことができます。

多くの会社がリスティング広告などのWEB広告運用を行なっているのですが、人手不足のため広告代理店に頼んでいるケースが多い状況です。費用や時間のかかる代理店と比べ個人で小回りが効く人にお願いする企業が増えてきています。

私は6年間WEB広告の仕事を活かして、アフィリエイトを行なってきました。

WEB広告運用の副業もその一環として知人から話をもらったりもしています。

この記事では、WEB広告運用の副業と一緒に、初心者でもはじめやすいWEBマーケティングの副業について解説します。

記事を読むと、WEB広告の副業の進め方について詳しく知る事が可能です。

先に結論から申しますと、経験者でも初心者でもWEBマーケティングの副業は可能です。WEB広告運用を担当するWEBマーケターであれば、月10万円の副収入は稼げるようになるでしょう。

目次

WEB広告運用の副業のはじめかた

まず、はじめにWEB広告運用で副業のはじめかたについてチェックしていきましょう。

結論から言うと、クラウドワークスなどのクラウドソーシングで案件を受注していきます。ただ、WEB広告運用の副業をおこなうためには、経験が必要となってきます。

なぜなら、「広告代理店で働いていた」「フリーランスで広告媒体の運用実績がある」などの証明がいるケースが多いためです。

そのため、WEB広告運用で副業を目指す場合、実務経験を積んでいる必要があります。

とわいえ、案件によって未経験でもできるような簡単なものありますので、報酬は少なくてもコツコツ経験を積んでいければ報酬を上げていくことは可能です。

「なんだよ・・・初心者だと結局できないやんけ!」と思った方は、慌てず最後まで読んでいただけますと幸いです。

WEB広告運用担当者のニーズが高まっている理由

WEB広告運用担当者のニーズが高まってきています。

下記、電通が出している表の赤枠を見てください。21年インターネット広告費がマス広告を逆転しました。

2021年日本の広告費

新型コロナウイルス感染症の影響緩和したことで、広告市場は大きく回復し、日本の総広告費は二桁増の6兆7,998億円に。

好調な「インターネット広告費」が「マスコミ四媒体広告費」を初めて上回り、広告市場全体の成長を後押し。

日本の広告費

つまり、インターネット広告市場が業界を牽引し、広告予算にかける費用が伸びています。

その影響として、WEB広告を出稿しようとする企業が増え、業務委託を考える企業が増加しています。

今後も、業務委託として雇う企業は増えてくると考えられます。

未経験からWebマーケティング業界へ転職する方も年々増えてきています。

WEB広告運用の副業の種類と報酬相場

WEB広告運用で出来る副業には、種類と報酬相場が変わってきます。

初心者、経験者によって報酬相場や受注できる内容も変わってきますのでご了承ください。

下記内容に関しては、経験者を対象とした副業の内容となっています。

初心者に向けの内容はこちらからどうぞ。

»先飛ばし

  1. リスティング広告(Google検索・ヤフー検索)
  2.  ディスプレイ広告(GDN・YDA)
  3.  SNS広告(Facebook・Instagram・Twitter・TikTok・LINE)
  4. 入稿・レポーティング
  5. コンサルティング

①〜⑤の順にみていきましょう。

WEB広告の副業はリモートワークが基本ですが、働く時間が週4日以上、最低1日5時間など管理画面を見なければいけないので拘束される時間は出てきます。土日に3時間だけやるといった働き方の求人は少ないと考えていたほうがよいでしょう。

※画像をクリックすれば拡大して閲覧できます。

リスティング広告(Google検索・ヤフー検索)

リスティング広告(Google検索・ヤフー検索)の副業案件です。リスティング広告は検索連動型広告と言われ最もポピュラーで人気のある広告媒体となります。

多くの企業はリスティング広告で出稿するケースが多いです。

リスティング広告の案件内容としては、以下になります。

必要なスキル
  • リスティング広告の運用経験
  • Excel、Wordなど、ビジネス用ツールの基本操作
  • コミュニケーションが取れる

リスティング広告の運用経験があれば、案件受注ハードルはグッと下がります。

 ディスプレイ広告(GDN・YDA)

 ディスプレイ広告(GDN・YDA)運用の案件です。ディスプレイ広告は、WEBページやアプリなどの広告枠に配信する広告です。

リスティング広告と一緒で、ポピュラーな配信方法になります。GDNやYDA以外にも、DSPなどのWEB広告もあります。

必要なスキル
  • ディスプレイ広告の運用経験
  • Excel、Wordなど、ビジネス用ツールの基本操作
  • コミュニケーションが取れる

こちらも、リスティング広告とセットでやってほしいと言う相談のある副業内容です。

 SNS広告(Facebook・Instagram・Twitter・TikTok・LINE)

 SNS広告(Facebook・Instagram・Twitter・TikTok・LINE)運用の副業も多く募集されています。TwitterなどのSNSに掲載される広告をSNS広告と呼びます。

SNS広告は、告知やキャンペーンに適しており多くの企業で使われています。

また、実際に使用しているSNSのフォロワー数も案件受注の武器となりやすいです。

Twitterやっていませんという人よりも「Twitterでフォロワー10,000人います。」と言う方が頼んでみたいと思われやすいですよね。

必要なスキル
  • SNS広告の運用経験
  • Excel、Wordなど、ビジネス用ツールの基本操作
  • コミュニケーションが取れる
  • 実際にSNSをやっているか

SNS広告もスキルがあれば簡単に受注可能です。

入稿・レポーティング

基本的に、インターネット広告の入稿業務広告レポート作成作業は上記①〜③の内容とセットになっていることが多いです。

たまに、入稿やレポート周りで人でが足りない時に募集がかかります。Excelができる方には簡単な作業です。

必要なスキル
  • Excel、Wordなど、ビジネス用ツールの基本操作
  • コミュニケーションが取れる

WEBコンサルティング

WEB広告の運用と合わせてどのように収益をあげるのかコンサルティングのお仕事もあります。

プロジェクターマネジメントの経験が求められるので、報酬金額は他の副業よりも高い傾向です。

必要なスキル
  • プロジェクトマネージメント経験
  • 円滑なコミュニケーションが取れる
  • Webマーケティングの知識

WEB広告運用の主な業務内容まとめ

WEB広告運用の主な業務内容は以下のようになります。

下記をまるっとやって欲しいというところもありますし、部分的にたお願いされることもあります。必ずしも全て経験が必要というわけではありません。

仕事の内容まとめ
WEB広告運用の全般(運用型広告)
全てこなすことは難しく、どの媒体を担当するのかアテンドされるのが基本です。
  • リスティング広告(Google検索・ヤフー検索)
  •  ディスプレイ広告(GDN・YDA)
  •  SNS広告(Facebook・Instagram・Twitter・TikTok・LINE)
運用型広告の業務内容
WEB広告の業務には別で営業担当がいます。
クリエイティブ ⇄ 営業 ⇄ WEB広告運用(ここ!) ⇄ オペレーションスタッフなどと連携になる場合が多いです。
  1. 広告アカウン トの作成(アカウント開設・初期設計・タグ設計含む)
  2. 入稿・運用・入札(日々の広告管理画面操作)
  3. 広告のPDCA検証(社内外の関係者への指示だし含むディレクション)
  4. WEB広告配信後のレポート作成
  5. レポーティング(運用考察・定例資料作成など)
  6. プランニング(メディアプランニング・シミュレーションの作成など)

WEB広告運用の報酬相場は、全体的に時給 【1,000円〜2,000円】、固定報酬の場合【100,000円〜500,000円】で推移している傾向です。

WEB広告運用の副業はどうやって見つける?

WEB広告運用の副業はどうやって見つける方法は以下の3つあります。

  1. クラウドソーシングの利用
  2. SNSの活用
  3. 知り合いに営業
  4. 副業マッチングサービスを活用
  5. 企業から直接案件をもらう

それでは、一つ一つ見ていきましょう。

クラウドソーシングの利用

1つ目は、クラウドソーシングの活用になります。以下のサービスが有名で案件も多岐に渡ります。

クラウドワークスやランサーズの大手に関しては、利用者数も多いので案件数は豊富です。

一方、Bizseekはまだまだ利用者数は多くなく、大手2社と比べると案件数は少ないです。ライバルが少ない分案件受注がしやすく、手数料が安いという特徴があります。

運営会社クラウドワークス

クラウドワークス
ランサーズ

ランサーズ
bizseek
Bizseek
利用者層
手数料5%〜20%5%〜20%5%~10%(業界最安)
登録料無料無料無料
報酬1,000円以上1,000円以上3,000円以上
ポイント業界最多の案件数 / 福利厚生の充実 / 仮払い制度案件数が業界最多 / 請求書の作成不要 / 仮払い制度手数料が安い/受注倍率低め
公式HP詳細を見る詳細を見る 詳細を見る

とりあえず、3社登録してご自身で「対応できそうだな」という内容があれば申込しておくことがおすすめです。いろいろなところで経験を積むことも案件受注につながりやすくなります。

SNSの活用

SNSを活用して、案件受注につながることがあります。SNSアカウントを作成していない方はすぐに作成しておきましょう。

個人的にTwitterがおすすめです。

Twitterの自己紹介欄や固定ツイートに実際に、自己PRを記載し、案件受注することがあります。もちろん、ただ記載しているだけですと受注することは難しいので、有益な情報や営業活動は必要になってきます。

例えば、「今までの経歴や実績、お仕事の内容で何ができるのか。」のような形でポートフォリを作成したりします。

私の場合、ライターのお仕事依頼がきたりして商品レビューなど行ったりしたこともありまよ。

なので、常日頃から情報発信をしているとどこかのタイミングで声がかかったりするのでSNSの活用は行なっていきましょう。

知り合いに声かけ

高確率で案件受注しやすいのが、知り合いに頼むということになります。

過去、取引のあった方や身近な人で、人手が足りなく募集している時は応募者の人柄を知っているので頼みやすいです。

既に実績がある方は、知り合いに声をかけてもよいかもしれません。

また実績のない方は、無償で行なうこともおすすめです。

無償の代わりとして実績作りのためのに、ホームページに載せてもらなど今後の案件受注に役立つ取引も視野にいれておきましょう。

副業マッチングサービスを活用

クラウドソーシングと違ったエージェント付きの副業マッチングサービスを活用することもおすすめです。

副業マッチングサービスは、仕事の依頼をしたい人と副業をしたい人をマッチングさせる、サービスのことです。

以下のようなサービスがあります。

運営会社

WorkAny

ITプロパートナーズ


ビザスク

Workship

Anycrew
対象者マーケティング /営業 /編集・ライティング/ /デザイン /エンジニアリング /サイト運営エンジニア/デザイナー/マーケターコンサルタント/マーケター/営業/人事などデザイナー/エンジニア /ディレクター/セールス/マーケターなどマーケター
単価10,000円〜100,000〜10,000〜500,000円〜100,000円〜
取引業非公開2,000社以上非公開
10万件以上マッチング
非公開非公開
支払いサイト企業確認35日面談方法・場所・日時が決まった段階で支払い企業確認企業確認
手数料なし非公開30%非公開非公開
対象エリアリモートリモートリモートリモートリモート
ポイント気軽に簡単福利厚生/確定申告サポート/賠償責任保証謝礼の平均単価10,000〜15,000円/時間お祝い金1万円/報酬先払い/相談窓口/賠償責任保険Facebookアカウントがあれば簡単に依頼可能
公式HP詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る詳細を見る

企業から直接案件をもらう

企業から案件をもらうためにための方法として2つあります。

1つ目は、WEB広告の案件を抱えているネット広告代理店から紹介してもらう方法です。

大手ネット広告代理店を中心に、個人事業主や副業フリーランス等に発注するケースが増えてきています。実際に私もネット専業代理店で在籍していない業務委託の方とやり取りを行うケースが多かったです。

業務委託として依頼をもらうために、知人からの紹介やビジネス交流会、セミナー等のイベント等をきっかけに案件のご相談を受けられるようになる場合もあります。

2つ目として、独立・副業支援に強いWEBマーケティングスクールを活用する、という方法もあります。

WEBマーケティングスクールに費用は、20万以上の出費が発生します。

ただ、独立や副業にせよ案件獲得が進みご自身の事業が軌道に乗れば、費用を取り返すことできますね!

案件獲得が狙えるおすすめスクールをピックアップしました。

全て無料相談ができるので、気になるスクールがあれば問い合わせしてみましょう。たった1回の行動がライバルと差がつくようになります。

インターネット・アカデミー (/(5))
初心者からでも着実に身につくスクールとして、「インターネット・アカデミーだけの現場のノウハウ×最新スキル×仲間のネットワーク×転職サポート」を独自に保有
デジプロ (/(4.8))
実践的な広告運用を高いレベルで学ぶことが可能。広告の中でも特に「Web広告運用」に力を入れており、管理画面を実際に触り、運用しながら学んでいく。東京・大阪・名古屋・福岡に教室がある。
マケキャンbyDMM.com (/(4.5))
3ヶ月で未経験からマーケターになる転職保証付き。転職成功率98%と磨き上げた転職キャリアサポートの知見をふんだんに活かします。
TechAcademy(/(4.2))
Webマーケティングに限らずプログラミング、デザイン、マネジメントなどITに関する幅広いサービスをおこなっている企業です。さらに、転職支援サポートも高く評判の老舗企業です。
Wannabe Academy (/(4))
実務特化型のカリキュラムを用意し、Webマーケティング学習に重要なのは『実務経験』重要視しております。

WEB広告運用のスキルを身につける方法

ここまで、WEB広告運用に関する副業のはじめ方から案件の見つけ方まで紹介させていただきました。

初心者の方がWEB広告運用のスキルを身につけるための方法をご紹介します。

  1. WEBマーケティングスクール
  2. 広告代理店で働く
  3. 独学で勉強する

WEB広告運用のスキルを身につけるための方法は、3つあります。

WEBマーケティングスクールに通う

Webマーケティングは、学習に必要な情報が少なく、常に新たなWeb広告も生まれるため、独学の勉強はなかなか難しいです。

なので、手っ取り早く体型的に学ぶ事ができるWebマーケティングスクールの利用がおすすめです。

広告代理店で働く

WEBマーケティングを身につけるための方法として、ネット広告代理店で働くことも手早くスキルを身につけることが可能です。

現職の方で満足している方にとって「転職」という人生を左右する選択は、かなりハードルは高いのですが、WEBマーケティング業界へ思い切って転職することも選択肢の一つです。

初心者でもWEB広告運用の副業は可能?

結論として、Web広告運用の副業は、実績とスキルを求められることが7割ほどあります。

そのため、WEB広告運用の初心者では案件獲得が難しいのが現状です。

ただ、入稿やレポートなどのアシスタントレベルの案件なら、受注できる可能性はあります。

はじめはアシスタント案件で実務経験を積んでから、本格的な運用案件を探すとよいでしょう。

またWeb広告運用以外にもWebマーケティング関連の案件は多くあります。WEB広告運用以外の副業にチャレンジするのもひとつの方法です。

以降で、初心者でも取り組みやすいWebマーケティング案件を紹介するので、そちらも参考にしてください。

初心者でもはじめやすいWEBマーケティングは?

初心者でもはじめやすいWEBマーケティングについて、紹介します。

  1. WEB広告運用(初心者向け)
  2. WEBライディング
  3. アフィリエイト

WEB広告運用

クラウドワークスなどのクラウドソーシングの中には、初心者の方にもしっかりやり方を教えてくれる企業もあります。

最初の時給は低い可能性はありますが、WEB広告運用スキルも身につきますので案件を見つけたらチャンスです!

例えば、このような求人です。

リスティングを中心とした広告運用。経験が浅くてもやる気があれば、トレーニングも可能です。また、運用経験がなくても、制作関係での関連業務者なども歓迎。

クラウドワークスより

人で不足の影響から初心者の方も歓迎している求人票はあります。

アルバイト感覚でスキルを身につけたいという方にはおすすめです。ただ、求人件数は非常に少ないので発見したら即応募する気持ちが大事です。

WEB広告のレポートや入稿作業といったアシスタントレベルの案件を探して獲得を狙いましょう!

WEBライディング

WEBマーケティング関連の案件では、Webライティングの副業がおすすめです。

WEBライティングは企業が運営するメディアの記事を執筆する仕事になります。

個人でブロガーの方も1文字あたりの単価1円から1.5円ほどで依頼をかけております。

経験を積むと文字単価を上げることも可能です。

用意された構成に沿って執筆するものもあれば、タイトルや見出しから作成を依頼されるケースもあります。

上記画像は、解体工事に関するメディアのWEBライディング案件です。

ニッチな業種でありますが。解体工事に関する知識ああれば執筆できます。このような形で様々な内容の依頼があります。

アフィリエイト

アフィリエイト広告でWEB広告運用の経験を積むという方法もあります。

まずは、どのような商品を売りたいかを決めてブログ解説を進めていきましょう。

アフィリエイトは、ブログで商品やサービスを宣伝して、購入や申込などが発生すると報酬がもらえる仕組みです。

なんといっても、成果が発生すれば報酬が得られ、「どの記事にどのようなアフィリエイト広告を貼ればいいのか」といった形でマーケティングスキルも身につきます。

まとめ:Web広告運用の副業のはじめ方は?案件獲得方法や相場

今回は、Web広告運用の副業のはじめ方は?案件獲得方法や相場についてご紹介させて頂きました。

結論として、WEB広告運用で副業をするためには、ある程度の実績や経験が必要です。

そして、多くの企業から求められるスキルなので受注単価も高い傾向です。

補足として、初心者でもWEB広告運用の副業は可能です。

ただ、レポートや入稿業務のようなWEB広告運用のアシスタントで募集されることが多いです。

現場で経験を積みWEB広告の運用の案件を獲得できるようになっていきましょう。

その他、副業に関しては以下の記事で詳しく解説しています。興味があれば読んでください。

お忙しい中、当ブログを最後まで読んでくださりありがとうございます!

WEB広告運用の副業の進め方は?案件獲得方法や相場について解説

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次
閉じる