\人気のWEBマーケティングスクールがキャンペーン中/

Webマーケティング業界「やめとけ!」おすすめできない人の特徴を徹底解説【体験談込み】

リモートワークに最適なWebマーケティング業界で仕事をしたいと考えているのですが、おすすめできない人の特徴はなんだろう?

このような疑問にお答えます。

プロフィール
  • そらいろブログ管理人
    (現役WEBマーケター)
  • WEBマーケター歴6年/営業歴6年
  • 年間広告費は数億円の実績
  • 転職経験は2回
    (不動産→アドテクベンダー→広告代理店)
  • 博多っ子
    (とんこつラーメン大好き)
そらと申します

こんにちは。そら(@sora0free0)です。

インターネットやソーシャルメディの普及により、Webマーケティングスキルの需要が高まってきています。

ただ、最近では「Webマーケティング業界への就職や転職はやめた方がいい」という声も聞こえるようになっています。

どうして、Webマーケティングは「やめとけ!」「後悔する」「大変だ」と言われてしまうのだでしょうか。

今回は、Webマーケティング業界で仕事を考えている方へ向け、「やめた方がいいあわない」と言われる理由や、Webマーケティング業界の実情について解説します。

実際に、私もWebマーケティング業界へ転職し、苦労しました。実経験もふまえ記載しております。正直最初、 Webマーケティング失敗したかも・・・と思いました。

先に、結論からいいますね。

特にWebマーケティング業界を希望している方の特徴で「やめとけ」と言えるのが・・・パソコンに免疫がない人、数字が苦手な人です。

今までルーティンワークで仕事をしてきた方は、考える作業が多いので最初は苦労します。

 そんな私もWebマーケティング「やめとけ!」と言いますが、実は私「数字苦手・パソコン苦手」と言って向いていませんでした。

本当に最初は苦労しましたが、なんとか乗り切った結果、こうやってブログ記事にすることができております。

なので、ど素人でパソコンのメールすら打てなかった私がこうやって仕事ができているので悲観することありません。

克服していけばいいわけです。

未経験からWebマーケティングを勉強してみたいという人もぜひ最後までご覧ください。

そら

最初は大変だったけど、業界用語やWEB指標など覚えたらこなすだけ。

Webマーケティングスクールで、転職や副業に有利なスキルが学べる!
インターネット・アカデミー (/(4.8))
初心者からでも着実に身につくスクールとして、「現場のノウハウ×最新スキル×仲間のネットワーク×転職サポート」を独自に保有
TechAcademy(/(4.2))
最短4週間でWEBマーケティングを学べるオンラインスクール。さらに、転職支援サポートも高く評判の老舗企業です。
ワナビーアカデミー (/(4.5))
最長7ヶ月のサポート!他と比較して料金も安い。実務特化型のカリキュラムを用意し、Webマーケティング学習に重要なのは『実務経験』重要視しております。
デジプロ (/(4.3))
効果的な広告運用実務を現役マーケターから学びたい社会人におすすめ!管理画面を実際に触り、運用しながら学んでいく。東京・大阪・名古屋・福岡に教室がある。
マケキャンbyDMM.com (/(4))
転職を目指す方におすすめのWEBマーケター養成講座!3ヶ月で未経験からマーケターになる転職成功率98%の転職保証付き
目次

Webマーケティングが「やめとけ!」と言われる理由は?

Webマーケティングが「やめとけ!」と言われる理由について、よく言われることが「プライベートと仕事の時間がごっちゃになりしんどい」「給料が低い」など様々です。

私が経験して、「Webマーケティングやめとけ!」と思わず言ってしまうことは3つあります。

  1. 結果が全て数字として表れる
  2. 答えがない
  3. 専門用語が難しい
  4. 連絡手段がチャット休日深夜に連絡が飛び交う
  5. とにかくやることが多い
そら

元々数字が苦手で1年目はしんどかった・・・

結果が全て数字として表れる

Webマーケティングに必要な情報は全て数字で管理されます。そのため、常にお客様から成果を求められます。

Web広告を配信すると、「CPCCTRCVR」などの結果の良し悪しを図る指標や、サイトを訪れらユーザーの回遊率やPV数の推移など様々数値で表れます。

なので、数字による結果が全てというわけではありませんが、常にどのようなアクションを起こして実行するのか考える必要があります。

答えがない

数字で結果に表れるとお伝えしましたが、正しい戦略かどうか「やってみて」という部分が強いため明確ではありません。

結果が出るまで辛抱強く待つ場合もありますし、中断して別の施策を試すこともあります。

Webマーケティングは、パソコン1台あれば快適に仕事ができると思われがちですが、

実は泥臭く考え努力を積み重ねていく仕事ですので「合わない人はWebマーケティングやめとけ」と言われる理由です。

実際にWeb広告を使って運用する仕事を行っていましたが、管理画面を毎日見て答えのない作業を繰り返していました。

専門用語が難しい

Webマーケティングの専門用語を理解するのが非常に難しいです。

調べてみるとわかりますが、パッと見何をいみしているのか全くわかりません。そのため、専門用語が難しく挫折してしまう未経験者もたくさんいます。

実は、未経験から独学でWebマーケティングの勉強していた時期は、専門用語がわからなさすぎて挫折しました。

さらに、追い討ちをかけるように、Webマーケティング業界の情報スピードが速く機能覚えた知識がもう古かったりします。Web業界では常に新たな知識や専門用語が飛び交います。

なので、専門用語を理解し話せるようにならないとクライアントとスムーズにコミュニケーションがとれません。

連絡手段がチャットで休日深夜に連絡が飛び交う

連絡手段がチャットで休日深夜に連絡が飛び交います。どういうことかというと、今ではメッセンジャーやチャットワーク、Slackなどで気軽に連絡が取れてしまいます。

そのため、人によりますがクライアントかチャットで急に依頼など飛んできたりします。

広告バナーの文言変更したから差し替えて!配信はして大丈夫だから。

そら

承知しました!差替え完了しましたら報告しますね。

そら

今、22時20分なんだけど・・・明日やるは。

こんな感じでメッセージが飛んできたりしますので、仕事から中々離れることができません。

僕は、さすがにやばいと思いチャット欄に「19時以降は不在です」という形で返信できないという内容を記載するようにしました。

緊急以外のものは、遅い時間にほとんどこなくなりました。ぜひ、念頭に置いてくださいね。

とにかくやることが多い

Webマーケティングの仕事はとにかくやることが多いです。いわゆるマルチタスクというものです。

なぜなら、人によって抱えるクライアント件数は上下しますが1人で数十社対応することはざらにあるからです。

さらに追い討ちをかけるが如く、社内のプロジェクト進行や新人教育などやることがとにかく多いです。その分、会社に拘束される時間が増えてしまう傾向にあります。

実際に、私がWeb広告の運用担当を行っていた時期で抱えていたクライアント数は50社を超えていました。

また、別の時期に営業も行っておりましたが、Web広告運用と違ってクライアント件数は減りましたが、コロナ禍になりオンラインでできるようになりアポが爆増しました。

1日5件打ち合わせがあった日の、残タスクはやばかったです。打合せが終わると必ず何かしら依頼をもらうので、その依頼対応が超大変でした。

なので、Webマーケティング「やめとけ!」と言える理由の一つと言えるでしょう。

Webマーケティング業界「やめとけ!」おすすめできない人の特徴18選

Webマーケティング業界「やめとけ!」おすすめできない人の特徴を徹底解説
そら

Webマーケティングやめといた方がいい人の特徴を紹介します。

就職・転職するならWebマーケティングがおすすめ」と「就職・転職するならWebマーケティングはやめとけ!」と賛否両方言われています。

なぜかでしょうか。

Webマーケティング「やめとけ!」説がある理由は、Webマーケティング業界の忙しさ、ブラックなイメージにあります。

テレビCMなどのマス広告をインターネット広告が年間出稿金額が逆転し、急成長中のWebマーケティング業界です。

需要が伸びているだけでなく、流行り廃りも激しい業界なので、忙しいのは必然的です。

企業体質や進行プロジェクトによっては、連日の残業、休日出勤なんてことも業界人にとってはあるあるです。

最近はリモートなので休日出勤は無くなってきている印象ではあります。

ブラックとも取れる職場環境を経験した、またリアタイで経験している業界の人、よく考えろという声が上がるのもまた現実です。

そんな、webマーケティング職を「やめとけ!」とおすすめできない7つ特徴をあげさせていただきます。

  1. マニュアル作業が得意な人
  2. 仕事量が多く忙しいのが嫌な人
  3. 安定性を求めている人
  4. 数字の分析が苦手な人
  5. トレンドに興味を持てない人
  6. 自分で考え行動するのが苦手な人
  7. デスクワークが苦手な人
  8. 成長志向がない人
  9. すぐに正解を求める人
  10. 満点取らないと落ち着かない人
  11. 失敗を恐れて挑戦できない人
  12. 他責思考の人
  13. パソコンが苦手
  14. ロジカルシンキングが苦手な人
  15. コミュニケーションが苦手な人
  16. IT・WEBに興味がない
  17. SNS運用してない
  18. 他人に興味がない

ひとつひとつご説明しますね。

1.マニュアル作業が得意な人

毎日の作業が決まって作業が得意な方は初め大変かもしれません。

最初はおぼえる事が多いのですが、1人でやるようになるとお客様の要望が中心となり仕事が回っていきます。

そして、自分で考えて何が1番喜んでもらえるのかを必死に考えて提案する必要があります。

2.仕事量が多く忙しいのが嫌な人

仕事が本当に忙しい…残業は当たり前だと覚悟しておきましょう。

残業なしで定時上がりで帰られる事はほぼありません。

そして、パソコン1台有ればどこでも仕事ができるという特権はありつつも、休日仕事をしなければいけない時もあります。

お客様によっては祝日にセールを打ち出すので祝日に予算を投下したい時など、祝日対応が発生する時もあります。

3.安定性を求めている人

大手企業では終身雇用を約束している企業はあります。

ただ、IT業界特にWeb広告領域は歴史もまだ浅く発展している拝見があります。

なので、一気に伸びる時有れば衰退する可能性も出てきます。

また、転職も盛んな業界で終身雇用を当てにする人はほとんどいません。

自分のスキル上げてヘッドハンティングされるような気持ちを持つ人が望ましいでしょう。

4.数字の分析が苦手な人

営業マンとして転職を考えている人は数値の重要性についてお分かりだと思います。

売上を上げるために、新規顧客、単価アップ、アポ件数、など。ただ、Web領域は他にも広告配信による数値が可視化されます。

例えばある青汁商品を100万円でWeb広告した場合、CV数が200件、CPAが5,000円。果たしてこの数値がクライアントとして良い結果なのか?など。

このように数値を可視化する事ができるので結果が見える状態ができます。その数値を持ってPDCAを回します。

5.世の中のトレンドに興味を持てない人

人の心を読んで先読みしてお客様の感動を呼び起こし信頼を積み重ねる。

こんな事が出来る人はなかなかいないと思います。ただ、人に興味を持って仕事に取り組む事が非常に大事になってきます。

世間で今何が流行っているのかどういう人か興味を持っているのか、なぜ興味を持ち出したのか。など。人への興味感度を上げる必要があります。

理由として、クライアントがbtocのように個人消費の場合、どんな人が普段買っているのかなど考える必要があります。

クライアントと話す時、関心や下調べしないと全く商品の良さがわからないてよね。

6.自分で考え行動するのが苦手な人

自分で考えて行動するのが苦手な人は要注意です。

Webマーケティングは答えのない事が多く答え「いい結果」に近づくために何が最善なのか試行錯誤します。

決まった方法が正しい時も有れば正しくない時もあります。なので考え抜く力が必要になります。

7.デスクワークが苦手な人

体を動かしてきた人に多い傾向がデスクワークが苦手という方は多い傾向です。

私の会社でも入社した新卒はサッカーで海外クラブにまで行った人がいます。

その子は今までパソコンなんてほとんどした事なく、苦労をしています。

今では慣れてしっかりデスクワークをこなしています。

8.成長志向がない人

受け身で成長したいと思う気持ちがない人は、仕事に満足感を覚えることは難しいでしょう。

WEBマーケティング業界の企業は、人で不足で基本的に分からないことを質問して覚えてもらう育成が多い傾向です。

つまり、学校みたいに1から丁寧に教えてもらえることは、珍しいです。「提携しているWEBマーケティングスクールを受講して覚えてね!」

という企業もありますね。因みに、私はこのような企業でした。

9.すぐに正解を求める人

同僚や先輩になんでもかんでもすぐに「正解を求める」と後々、仕事に苦労します。

理由として、WEBマーケティングはやってみないと結果がわからないこともあるので、仮説をもって取り組む必要があります。

ベテランに答えを求めれば、解答は戻ってくるでしょう。しかし、最初から仮説を立て実行するクセをつけておかないと、なぜそのような結果になったのかわかりません。

なので、AならBという決めつける考え方ではなく、「AならBもしくC」と言った形で様々な角度から考えることが大事になります。

10.満点取らないと落ち着かない人

100点満点取らないと落ち着かない人は苦労します。

なぜなら、WEBマーケティングは100点満点で結果を出すことが難しいからです。基本的に仮説から入り、実行することが多く、結果を見て施策を練り直します。

高速でPDCAをまわして仕事をおこないます。

なので、満点を取るという考え方ではなく50点でもいいから結果が出る方法をスピードを持って対応することが大切です。

11.失敗を恐れて挑戦できない人

WEBマーケティング業界では、失敗を恐れて挑戦できない人は、取り残されていきます。

私も実際に肌で感じているのが、挑戦せず何もしない人は社内で目立たず、周りからも頼りにされていないことが多いです。

特に、WEB広告の運用するような仕事をしている方は、業務内容が見えづらく評価されづらい傾向にあります。

なので、チャレンジして失敗したことや成功したことをどんどん周りに共有できるようにしていく必要があります。評価もされやすですしね。

12.他責思考の人

他責思考の人は、信用されません。

WEBマーケティング業界に限らず、どの業界でも他人のせいにする人は嫌われます。

WEB広告の仕事は、ミスが頻繁におこります。例えば、クリエイティブの入稿ミス。予算設定ミス。設計ミス。など

ミスしたとき、誰が1番悪いのかを洗い出すことも仕方のないことですが、まずは迷惑をかけてしまっているお客さんへ1番に報告する必要があります。

ミスを隠して、後でバレると最悪です。

13.パソコンが苦手

冒頭でもお伝えしましたが、パソコンが苦手な人は苦労します。

なぜなら、Webマーケティングの仕事は、パソコンと向き合うことがほとんどになるからです。

WEB広告を運用するためのGoogle広告などの管理画面の使い方、ExcelやPowerPoint、Googleアナリティクスなどの分析ツールを利用できなければ仕事になりません。

最初はできないのは当たり前です。管理画面や分析ツールは慣れれば使いこなせるので、根気良く覚えていきましょう。

14.ロジカルシンキングが苦手な人

ロジカルに物事を考えるのが苦手な人は、最初は苦労します。

訓練すればロジカルに物事を考えることができるので、苦手な人は練習をしておきましょう。

WEBマーケティングの仕事は、ロジカルに組み立て仮説をたてます。

例えば、

  1. 課題は
  2. 課題の原因は
  3. 課題解決すべきことは
  4. 課題に対してどのような施策を打つか
  5. 施策結果をどう分析するか
  6. 分析結果をどのように次へいかすか

いかにPDCAを回すかになります。

社内・社外に説明する場面も多いので、論理的に思考を整理して、それを言語化する能力は必要です。

15.コミュニケーションが苦手な人

Webマーケティングの仕事では、主に営業運用の二つがあります。エンジニアでない限り、WEBマーケティング業界へ入社すると基本この二つです。

私は両方の経験がある中で、コミュニケーションスキルがないと仕事を円滑にできないと感じています。

理由として、営業の場合お客さんへWEB広告の配信結果や進捗状況を報告し、さらに改善案や新規提案を行っていく必要があります。

また、運用担当者の場合、お客さんと接する機会は少ないものの社内の営業担当へ案件の運用調整内容や施策、CVR改善案など打ち出す必要があります。

1人で仕事ができると思いきや、様々な人と接することが多いのでコミュニケーションスキルは必須です。

16.IT/WEBに興味がない

言わずもがな、IT・WEB関連に興味のない人は苦痛でしかありません。

歴史的に新しい業界で市場的に伸びている業界ですが、そもそも興味がないと長続きしません。

17.SNSのアカウントを作っていない

質問です。あなたは、Twitterやインスタグラムなどのアカウントを持っていますか?

YESと答えた人は、おめでとうございます。WEBマーケターの素質はございます。

逆に、NOと答えた人は今すぐにでもアカウントを作ってください。

Twitterやインスタグラム、Facebookなどは広告配信でも使う優れた媒体です。

SNSで流れくる広告や機能についてしることは非常に重要です。さらにアカウント運用まで行いフォロワー数10,000人いればどこでも通用するスキルがある証拠にもなります。

18.他人に興味がない

他人に興味がない人は、今すぐにも考え方を変えていきましょう。

特に、WEBマーケティングは、WEB上で商品購入させるために「誰に・何を・どのように」ユーザーの行動原理を知る必要があります。

例えば、アニメ好きなユーザーが昼間から漫画を読んでいることは、ほとんどなく、寝る前にベットでだらだら見る人が多いです。

なので、その時間帯に漫画アプリの広告配信をおこなったりとユーザー心理を考える必要があります。

Webマーケティングが向いている人の特徴5選

そら

Webマーケティング業界に向いている人の特徴をおしえるよーー

Webマーケティング業界「やめとけ」と長々記載させていただきましたが、一つ一つ克服して行ければ問題ありません。

悲観せず Webマーケティング業界で転職や就職を考えている人は参考にしてみてくださいね。

今度は、逆にWebマーケティング業界に向いている人の特徴を5つ紹介します。

  1. チャレンジ精神がある人
  2. 裁量権をもって大きな仕事がしたい人
  3. 人と関わる仕事がしたい人
  4. 数字に興味関心がある人
  5. 年功序列なんて気にしない人

①:変化を楽しみチャレンジ精神を持って仕事に取り組める人

Webマーケティング業界は変化の激しい業界です。1年前主流となった Web広告が今年は主流ではなくなっているなんてことはよくあります。

新しいものが出てきたら「面白そうだ」と楽しみ、新しい物に取り組むチャレンジが必要になっていきます。

②:裁量権をもって大きな仕事がしたい人

若手で裁量を持って仕事ができることがあります。特に社員数の少ないベンチャー企業では自分の考えを提示し、色々なことを進めることができます。

ただ、仕事量が多くなるので覚悟が必要です。20代死ぬ気で働いてスキルを身につけキャリアアップを目指していきたいという方はおすすめです。

社員数100名を超える企業になると、上が詰まって若手からマネジメント経験ができない場合もあります。

③:人と関わる仕事がしたい人

人と関わる仕事がしたいという人もおすすめです。基本的に取引先と一緒によいものを作っていくような動きになるので、1人で何かできることは限られていきます。

例えば、夏に向けて「ソフトクリーム」の新商品を広告で出したい時、広告予算を何に使うのか決める必要があります。

クライアントにとって1番最善な策ををチーム一体となってプロジェクトを進めます。

なので、いろんな人を巻き込んで仕事が進みます。

④:数字に興味関心がある人

Web広告を活用すると広告配信結果が、全て可視化することができます。

商品購入件数(CV)、1商品あたりの広告単価(CPA)、広告をクリックした単価(CPC)など、全て可視化されます。

最高な結果は、CV件数が最大化され、目標CPA内で収まり、安価なクリック単価で広告配信ができることです。

うまくいけば、上記のような結果になりますが、実際に運用してみるとわかるのですが、非常に難しいです。

なので、数字で全て可視化することができるので数字の動きが面白いと思ったり数値の意味を考えることがクセづいている人スムーズになれると思います。

Webマーケティング広告運用の実体験を記載しています。参考にしてみください。

»Web広告運用の仕事について1日の流れ

⑤:年功序列なんて気にしない人

年功序列なんて気にせず、実力でのし上がるというような方は相性がいいと思います。

Webマーケティング会社は大手企業のような年功序列ではなく、実力で役職がつきやすいです。

なので、上司が年下なんてことは普通にありえます。

私の会社も若手で役職がついている人はいたりしますよ。

Webマーケティング業界へ転職を考えている人

そら

ここまで読んでくれてありがとう!より詳しくWebマーケティングに向いている人の特徴について別記事で詳しく解説しています。

ここまで、読んでくださった方でWebマーケティング業界への転職を考えている人はいるのではないでしょうか。

私も、そのうちの1人でした。

Webマーケティング業界「やめとけ!」とは言ったのですが、実際に私が体験し当てはまったことを記載しています。

手に職をつけて副業に活かしたり、スキルを身につけて大手事業会社へ転職したりとWebマーケティング職の将来的なデメリットはないと考えています。

ぜひ、この機会にWebマーケティング業界へチャレンジしてみくださいね。Webマーケティング業界へ転職したいと悩んでいる方は参考にしてみくださいね。

  1. 本を読んで知識をつけてみよう
  2. 未経験で採用してくれる企業をチェック
  3. Webマーケティングスクールに通ってみる

それでは、みていきましょう。

①:本を読んで知識をつけてみよう

本で知識をつけることはおすすめですよ。

ネット検索で十分だと言っている人がいるのですが、本も合わせて読むことをお勧めします。

理由としては、本はその業界で実績を出した人が出しています。

的外れなことは基本あまりなく、素直に知識を貯めることができます。

ネットの場合、誰かわからない人が記載していることが多いので疑ってかかる必要があります。

もちろん、正しいこともたくさん書かれています。ただ、逆に間違っていることも多いです。

まずは、基礎的な知識はしっかりと本で体型的に学んだ見極めができるようになればいいですね。

»Webマーケティングを独学で勉強するための「おすすめ本」

②:ステップアップでOK!未経験で採用してくれる企業をチェック

未経験からの転職の場合、最初の企業はステップアップのための土台と思うくらいでOKです。

得られるだけスキルを手に入れて次のキャリアアップの踏み台にして、前に進んでいければいいと考えています。

生涯ずっと同じ企業に残って働く人が評価されづらい世の中になってきています。3回、4回と何回も転職している人はたくさんいます。

転職の思考法という本があります。転職経験のない方にぜひ読んでもらいたい本になります。キャリアを見つめなおすために参考になります。

»【転職の思考法】このまま今の会社にいていいのか?

そして、未経験で採用してくれそうな企業を探すにあたり、1番おすすめなのが転職エージェントをフル活用することです。私の場合、dodaとリクルートエージェントを使い転職しました。

»【Webマーケティング未経験】Webマーケティング職に転職できた方法

③:Webマーケティングスクールに通ってみる

業界未経験で転職することに不安のある方は「Webマーケティングスクール」に通うこともおすすめです。

スクール費用としてお金はかかります。安いところもありますし、「マケキャン」のように転職補償付きのスクールもあります。

それぞれ、良し悪しがあるので、興味のある方はWebマーケティングスクールを調べてみくださいね。

参考にどうぞ。

\ おすすめWebマーケティングスクール /

おすすめのスクールトップ5校
  • Webマーケティング全般を学べるスクール
インターネット・アカデミー (/(4.8))
初心者からでも着実に身につくスクールとして、「現場のノウハウ×最新スキル×仲間のネットワーク×転職サポート」を独自に保有
TechAcademy(/(4.2))
最短4週間でWEBマーケティングを学べるオンラインスクール。さらに、転職支援サポートも高く評判の老舗企業です。
  • Web広告運用を学べるスクール
ワナビーアカデミー (/(4.5))
最長7ヶ月のサポート!他と比較して料金も安い。実務特化型のカリキュラムを用意し、Webマーケティング学習に重要なのは『実務経験』重要視しております。
デジプロ (/(4.3))
効果的な広告運用実務を現役マーケターから学びたい社会人におすすめ!管理画面を実際に触り、運用しながら学んでいく。東京・大阪・名古屋・福岡に教室がある。
マケキャンbyDMM.com (/(4))
転職を目指す方におすすめのWEBマーケター養成講座!3ヶ月で未経験からマーケターになる転職成功率98%の転職保証付き

口コミや評判がよかったWebマーケティングスクールを徹底比較

まとめ:Webマーケティング業界「やめとけ!」おすすめできない人はいる

今回は、Webマーケティング業界「やめとけ!」おすすめできない人の特徴についてご紹介させて頂きました。

お忙しい中、当ブログを最後まで読んでくださりありがとうございます!

Webマーケ向いてない人
  • マニュアル作業が得意な人
  • 仕事量が多く忙しいのが嫌な人
  • 安定性を求めている人
  • 数字の分析が苦手な人
  • 世の中のトレンドに興味を持てない人
  • 自分で考え行動するのが苦手な人
  • デスクワークが苦手な人
そら

全部当てはまっている僕も今では誰よりも仕事ができるようになりました。自分で言うのもなんですが…笑

当てはまった方は、気落ちしないでくださいね。

ひとつひとつ克服していけば大丈夫です。最初から全てできる人なんていません。

以上になります。

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

目次